手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

ありがとう職人さん 

2009/06/03 Wed 15:52

こんにちは、手元供養 京都ひろくに屋の山崎周亮です。

納骨オブジェ「おもいで碑」を作ってもらっていますのは、
京都は東山で230年続く清水焼窯元「瑞光窯(ずいこうがま)」さんです。

京都の高級料亭などの雅な清水焼の器を得意としている
高い技術をもつ職人さん方が日々土と向き合って様々な器を作られています。
090522-009.jpg
光が透けるほど薄いロクロと削りで仕上げられたお猪口は1個がなんと1万円です。
先代時代の焼き物とのこと、「今これができる職人はそういないのでは。。」(社長談)


この日は「おもいで碑」をご担当下さっていた職人さんから、後輩職人さんへの
バトンタッチにあわせて、私もご挨拶に参ってきました。
(後輩とはいえ、この道20年のベテランさんです。)
私は手元供養のことと、「おもいで碑」を受取られる方の思いを、伝えてまいりました。
これからも皆さまに大切にそして愛してもらえる「おもいで碑」をお届けいたします。
090522-004.jpg

【写真②】
090200-010.jpg
手前は「おもいで碑/オーダーオブジェ」。薄いピンクの釉薬が1230℃の本焼成により
真っ白に焼きあがります。(奥にみえるの真っ白なものが焼きあがりです。)

【写真③】
070509制作中-022
「おもいで碑/地蔵タイプ」は一つづつ職人さんの温かい手に包まれて出来上がっていきます。
型をつかっていますので同じ形状に仕上がりますが、顔の表情など少しづつことなるお顔立ちです。
機械製品でない、手作りの温もりです。


●●新着の“お客さまからのお声ハガキ”のご紹介です。↓↓
自分の所に亡き息子が戻ってきてくれたと思いました。(H・Kさま)
omoidehi046.jpg

自分も前向きに生きていかないと、、、という気持ちにさせられました。(A・Kさま)
omoidehi047.jpg

“お客さまの声”はこちらでもご覧いただけます。
http://www.hirokuniya.com/hpgen/HPB/categories/17348.html


さぁ、手元供養で広がる笑顔のために今日もがんばります。
博國屋 山崎周亮

■■メディア情報■■
≪予告≫
2009年6月5日金曜日 フジテレビ番組「山村美沙スペシャル 赤い霊柩車」に博國屋のパンフレットが小物で使われます。一瞬です。^^ ドラマ冒頭で「みなさん手元供養ってしっていますか?」とナレーションからはじまるようです。午後2時からの放映です。
≪掲載≫
2009年6月1日 愛媛新聞に地元愛媛出身の博國屋代表 山崎譲二の手元供養取材記事が掲載されました。
2009年5月19日 日テレ「スッキリ!!」に「おもいで碑」「杢ペンダント」が
スタジオで紹介されました。





~あったかい 命 つなぐ お手伝い~ 京都ひろくに屋
――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで博國屋 6周年!ありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――――――
 ネットショップ店長 山崎 周亮:tenchou@hirokuniya.com
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
□ 手元供養のことは「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)で把握!
――――――――――――――――――――――――――――



  制作現場 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示