手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
こんにちは、博國屋の山崎周亮です。

毎年年末に悩むことがあります。
年賀状を出すか出さないか。
出すにしてもなんとなく「あけましておめでとう」がいいずらい。

手元供養の仕事柄、毎日故人のお名前、戒名、お写真を拝見していると
皆さんの供養や偲びのお手伝いをさせていただいた身としましては
悩んでしまうのです。
しかし礼節も大切。と少し(気持ちを)控えめに出すことになります。


2008年は「」と題され、幕を閉じました。

博國屋のお客様にとっては、愛する家族が旅立った方が
多いことですので、家族にとって大きな変化の年だったことと思います。
(休み明けに会社にでてくると、今年は元旦にメール問合せ、ご注文もあり、
 同じお正月でもそれぞれいろんな思いを抱いて迎えてるんだと、心に沁みる思いしました。)

」を前向きにとらえ、
愛する人とのお別れの後、手元供養を通じて
前向きに向き合える関係への変化のお役に立てればと心から願っております。
『どうか上を向いた変化をむかえて下さい。。。(店長の心の声)』

090101-05.jpg
人類発祥の地といわれる国・ケニア元日の日の出(撮影:山崎周亮)

マサイマラにて
(店長山崎、なぜ蝶ネクタイ?)
2008年、山崎、個人的に人生の「」がありました。

今年も一人でも多くの方に手元供養を知ってもらいたい!
求める方に手元供養で喜んでもらいたい!
と気持ち高らかにガンバってまいります。

まだまだ未熟な店長です。
2009年、本年も公私ともにご指導ご鞭撻を下さいますようお願いいたします。
そして手元供養の情報発信にむけご支援くださいませm(__)m

博國屋 山崎周亮

――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで6周年!ありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――――――
 ネットショップ店長 山崎 周亮:tenchou@hirokuniya.com
 店長ブログ:http://temotokuyou.blog54.fc2.com/
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
□ 手元供養のことは「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)で把握!
――――――――――――――――――――――――――――



スタッフ雑記帳 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。