手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
製作開始から完成まで3ヶ月。。

大変お待たせしました!
納骨/お守りペンダント「かぐや姫」粟田口ができあがりました!

ホンモノのの漆の艶(ツヤ)はいいですね。
もう4年近く見ていますが、本物の美しさは飽きません!
職人さんがもってきてくれる「かぐや姫」にいつも見とれてしまっています(*^^*)

写真をクリックすると拡大しますので、
この色艶をじっくりごらんください。↓↓
京都技術の最高峰、伝統工芸士(塗師さん)の技です!
081219-009.jpg

「かぐや姫・粟田口」は“溜め色”とか“溜め塗り”といわれる色をしています。
朱や黒とは異なり、まず下地に朱色の漆、そしてあめ色の半透明の漆を重ね塗りしています。
重ね塗りの深い味わい、これが“溜め色”、“溜め塗り”の色の魅力です。
また、“研ぎ”という磨きをしないので、漆(うるし)本来の美しさがこれ(写真)なのです!

----------------------

『かぐや姫』といえば、昨朝うれしいお電話をいただきました。
以前に「おもいで碑」と「かぐや姫」をご購入くださった宮崎県の近藤さまからのお電話です。
(いつも博國屋を応援してくださり、いまや宮崎の手元供養情報発信元!!)

近藤さん、夫を亡くされ、元気をなくされていたご親友に、「かぐや姫」をすすめて下さり、
納骨のお手伝いまでしてくれました。
お電話では、その方が、「かぐや姫」を胸にして、『これで安心して元気に生きていける』と
笑顔を取り戻したんですよ。とご報告のお電話でした。
朝から嬉しいことです。
また、そちらの息子さんもお父さんの「かぐや姫」を胸にされ、
お勤め先の愛知県までとんぼ返りでしたが、家族皆さんに喜んでいただけたのです!

ほんとにありがたいことです。

手元供養で日々元気に過ごされる近藤さん、その元気と笑顔が広がっています。
うれしすぎますね。

ほかにも口コミをしてくれている利用者の皆さまにも感謝!

みなさんのおかげで博國屋もがんばれます。

今年も残すところ2週間。
社会は暗いニュースに溢れていますが、喜びをみつけて
怪我なく病気なく、新しい年をお迎えできますように。

博國屋山崎周亮

☆☆☆
【年末年始の営業日のご案内】
12/27~1/5までお休みをいただきます。
商品の発送、メールのご返答は休み明けより随時おこなっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


京都 博國屋 =====================================
〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
TEL: 075-315-3370 FAX: 075-315-3005
■手元供養思い出ショップ
http://www.hirokuniya.com/
手元供養博國屋新サイト製作中です。↓ 完成まで温かく見守ってください。
http://www.hirokuniya.jp/
==============================================
  制作現場 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。