手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
手元供養は主に、大事な人とのお別れをしてから
ご購入いただく品ですので、当たり前ではあるのですが、
ご購入者の方のほとんどが愛する方を亡くされております。

“お便り”をいただいて嬉しいのですが、皆さまのその背景をお察ししますと、
切なくなってしまいます。

今回のお便りを下さったnaoさまは、
光が見えだしたと思った矢先の、急変で奥様を失われました。
“夢の中にいるよう。。”との言葉に、
受け入れがたい現実の厳しさを感じました。

しばらくすれば“もういない”辛い現実と向き合われるかも知れません。
そんなとき、「かぐや姫」(お守り型手元供養品)が、
naoさまと奥様の絆を結ぶお役にたてればと願ってやみません。

naoさまからいただいたお便り。
kaguya012.jpg


つづけてもうおひとつご紹介いたします。
kaguya013.jpg

手元供養屋を始めて7年目になりましたが、
愛する人(故人)との向き合い方は人それぞれですね。
じつはそれって当たり前のことですよね!?
恋愛は自由ですし、生活もそれぞれなんですから。

亡くなったら向き合い方(供養の方法)が皆一緒っていうことに
納得いかない方が多いのももっともなことです。

そういえば先日読売新聞社の世論調査「日本人」(2008/5/30)の結果をいただきました。
「宗教」・・信じないが71.9% 
  宗教者の方、看板にアグラをかいていては大変ですよ。
そして先祖を敬う気持ちをもっている人・・94%
  先祖のみなさん、うれしい数字ですね。
自然の中に人間の力を超えた何かを感じることがある・・56%
  ぼくもそう思います。すべてが必然ではないかと。。 

「宗教を信じない」方が多いようですが、特定の宗教でなくても
みなさま信じる何かを持っているのではないでしょうか。

お便りを下さったT.Sさまは、
ご自身の気持ちを信じて手元供養をなさったことと思います。
それで得られた安心感は絶大でしょう。
寺社仏閣のお守りも一緒だとおもいます。信じることで効果を発揮するのです。

手元供養は決まりがございません。
法律上も問題ないことですので、
ご自身を信じて、愛する人(故人)とのこれからの関係づくりにお役立てください。

 ≫お客様の声のページ

手元供養のことは、お気軽にご相談ください。
075-315-3370(ひろくにや)
山崎周亮

京都 博國屋 =====================================

〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3京都陶芸工房103
TEL: 075-315-3370 FAX: 075-315-3005
■博國屋ホームページ
http://www.hirokuniya.com/
===================================================
  お守り、ペンダント | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。