手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
博國屋サロンができて5ヶ月が経ちました。
猛暑も去りすごし易くなったからでしょうか、
この四日間だけでも東京、奈良、大阪、地元京都と連日お客様がおこしくださいます。

080917.jpg

後ろ姿をとらせていただいた方は、車で1時間強のところを息子さんが連れてきてくれました。
注)奥の男性は博國屋代表です。(^^;

お話を伺うと、
お母さんの思いは
『納骨日が近づいてきたが、遺骨を少しおいておきたい。』
しかし友だちに
「分骨はダメ!」
といわれ沈んでるお母さんを見ていた息子さんが
出勤前に見た“おはよう朝日です。”で博國屋の手元供養を知り、いいそいでネットで調べてくれました。

この日お母さんは、お父さんの写真でオブジェを作ることにされました。
偶然にも二週間後のお届けする日がちょうど結婚記念日!
お父さんとの結婚記念日にオブジェをお届けできるお役をいただき、制作者として光栄です。
よろこんで喜んでいただけるオブジェ、お届けしますね。

ご主人はあっちの世界からこちらを見て、
「分骨はダメ」をどう思われているのでしょうか?
愛する奥さんのそばにいれて、喜ばれていることと僕は思っています。
手元供養や分骨は法律上もなんら問題ありません。
そばにいて欲しい、いてあげたい。の思い、手元供養で叶えてください。


遅くなりましたが、
9月3日に放映された“おはよう朝日です。”の博國屋取材風景です。
笑顔のお兄さんはリポーターの矢野ひろしさんです。
番組は「今時の仏壇事情」とまじめな番組でした。
080830-016.jpg

080830-006.jpg

広く情報を発信してくださった“おはよう朝日です。(朝日放送)”に感謝。

手元供養で日本を笑顔に♪
博國屋 山崎周亮

京都 博國屋 =====================================

〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3京都陶芸工房103
TEL: 075-315-3370 FAX: 075-315-3005
■博國屋ホームページ
http://www.hirokuniya.com/
===================================================
お客様との出来事など | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。