手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
いよいよ明日! 11/29!
大阪福島で手元供養イベント開催です!
(詳しくはブログの下でご案内します。)
今回は「自分らしい葬送を考える企画展07」と題し、
手元供養のみならず、永代供養、海洋散骨、改葬、樹木葬の、それぞれの専門家の講演もある充実の内容です。
fukushima_face.jpg

今日までに産経新聞(大阪エリア)、毎日新聞(大阪エリア)などの紙面でイベント告知記事が掲載されたこともあり、会期中は多くのご来場があることと思い準備に励む・・・
SN322424.jpg

明朝、これらを分担して通勤ラッシュの中会場へ向かいます!
情報パネルを作ったりとここ数日、数週間は結構な忙しさでした(+へ+)!

そして今日は手元供養が日の目を見ました!
もうご覧頂いた方もいらっしゃると思いますが、
今朝の毎日新聞の生活欄“暮らしナビ”で手元供養を取り上げていただきました♪
しかも全国版なんです。
071128mainichi.jpg

NPO手元供養協会の事務局が博國屋内におかれていることもあり、
全国からご相談と手元供養協会の資料請求が頻繁にありました。
大事な人の遺骨をそばにおきながら、なんとく罪悪感をかんじておられたり、自分が変わり者だと思われてたり。そう思われていた方が少なくないようです。毎日新聞の記事をみて同じ思いの方の多さを知り、安堵なさった方は多いのではないでしょうか。
亡くなったらお墓へ。分骨すると成仏できない。それと世間体。
いわゆる慣習や迷信、それと気持のズレに悩まれています。

なぜダメなのか、以外にみなさん突き詰めて考えたことがないようです。
形式として成り立った物事はなかなか崩せない現実を感じます。

さて、明日の手元供養展、元気にがんばってきます。
ブログをご覧の方にお目にかかれるかな?
お越しの際はぜひお声掛けください。博國屋山崎周亮

「自分らしい葬送を考える企画展07」
【日時】2007年 11月29日(木)~12月1日(土)
    開場10:00~14:30 (初日29日は10:30開場)
【会場】大阪市立 福島区民センター 3階
(住所:大阪市福島区吉野3-17-23)
さらに詳しい案内はこちらをご覧ください。

京都 博國屋 =====================================
〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3京都陶芸工房103
TEL: 075-315-3370 FAX: 075-315-3005
■博國屋ホームページ
http://www.hirokuniya.com/index.html
■E-mail shusuke@hirokuniya.com 山崎周亮
===================================================

お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。