手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
毎朝のメールチェック。
迷惑メールは毎日100件近く届きますが、
90件はメールソフト(thunderbird)が自動的に削除してくれるので大助かりしています。
↑おすすめです!しかもフリーソフト♪

で、今日はいままで11年のメール経験ではじめての出来事。
なんと差出人がナシのメールが届きました。

こんなことあるんでしょうか??
CGIの問合せフォームはメールアドレス必須ですし・・、
電話のように非表示ってできるのでしょうか・・?

お問合せメールなので返信しようと
回答してたのに・・困りました。

支払方法の手順についてメールを下さったYさま、
このブログをご覧になることを願ってこちらに返答を記します。

≪Yさまへ、郵便振替でのご注文の手順をご案内いたします≫、
①ひろくに屋ウェブショップでご注文いただきます。
http://www.hirokuniya.com/index.html
②お支払い方法にご希望の“郵便振替”を指定ください。
③注文メールの送信・完了
④注文確認メールが届きます。
⑤内容をご確認の上、間違いがなければお振込みください。
⑥ご入金を確認しだい、いそいで発送いたします。

以上のような流れとなります。


その他、今日は先日手元供養をご購入くださった方から、
海外(英国)への粉骨の持込みについて問合せをいただいた。
さっそく大使館に問い合わせてみます。
 (韓国、アメリカ、オーストラリアに関しては過去のブログ参照) 
どうも最近はご家族で散骨をされている方が増えているようです。
知り合いのお店ですが、年間200件の粉骨依頼があるとのことです。
先日カリフォルニアのディズニーランドで乗り物から散灰して
一時運行を停止したとニュース(11/14)になっていました。
ディズニーファンなら気持はわかりますが、散骨のルールは周辺や近隣への配慮を十分に行うことです。
日本での散骨においては是非、いや必ずマナーとモラルを守って散骨なさって下さいね。 博國屋山崎周亮

京都 博國屋 =====================================
〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3京都陶芸工房103
TEL: 075-315-3370 FAX: 075-315-3005
■博國屋ホームページ
http://www.hirokuniya.com/index.html
■E-mail shusuke@hirokuniya.com 山崎周亮
===================================================
スタッフ雑記帳 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。