手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
10月の末に「お守りペンダント」を購入くださった方と
メールのやり取りが何度かありました。

きっかけは、ご注文の際のメッセージに、
 父親が突然の病に倒れ、危ない状態が続いている状況にあり、
 早いが購入します。
とあったことからでした。

さて、みなさん疑問に思いませんか?
・まだご存命にもかかわらず、なぜ早く準備したのでしょうか?
・しかもそれって親不孝な行動ちゃうの?


Iさんのお気持はこうでした↓
もしもの時、
「いつも身に付ける事により、少しでも母の心が和み、
寂しい思いをして欲しくない事を願い購入を決意いたしました。」


それはお母様への心遣いからの行動でした。

そして「お守りペンダント」がIさんに届いたあとに頂いたメールに、
「しばらくは開封しないでおこうと考えています。
開封しなきゃいけない時期がきましたら、使わせていただきます。 」


一般的には、縁起でもない! そんなこと考えるのはおかしい!
と思われる方が多い中で、ある意味勇気のいる行動だと思います。
そしてほんとはIさん自身、準備なんてしたくないはずです。
優しさとはこういうこか!とIさんの優しさふれ、こころが清められました。

そして、さらに感動の出来事!!
「もしなにかあっても家族の元でずっと一緒だよ」と、
Iさんは「お守りペンダント」のことをお父さまに話されました。
その後、お父さまは死への恐怖がなくなった。と言われたそうです。
Iさんから、家族の絆が今まで以上に強くなったとメールが届きました。

博國屋では亡くなった方との新しい関係作りに手元供養を
お役立ていただいてることが多いですが、
手元供養をIさんのように“生きている今”お役立てていただき、
ほんまにうれしく感激しました。

受け入れ難い現実と向き合った深い優しさ、そして心遣い。
Iさんに優しさを教えていただいた店長の出来事でした。


Iさんのお父さまに回復の奇跡が起こることを願って止みません。


京都 博國屋 =====================================
〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3京都陶芸工房103
TEL: 075-315-3370 FAX: 075-315-3005
■博國屋ホームページ
http://www.hirokuniya.com/index.html
■E-mail shusuke@hirokuniya.com 山崎周亮
===================================================
お客様との出来事など | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。