手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

今日は2つ目の書込みです。

「まだ先の話しだけど、納骨したお寺(誠心院)で一周忌法要をしてもらえますか?」

と先月「博國屋終章事業」で誠心院に納骨された山梨県のお客さまからご質問を頂きました。
答えはYES。 もちろん個別の法要もしていただけます。
そしてもうひとつ気になること、そう“お布施の額”ですよね。

少し前ですが、みなさんの不安もあったようなので、誠心院の荒木住職に“お布施の額”を聞いたことがあります。多・少の幅はあるけれど一般的な相場としては3~5万円とのことでした。その時住職が言われたこと、
「お金がない人はないなりに、ある人はあるなりに、自分のできる範囲で決められたらいいです。金額で法要の差はありませんよ。」と。 お金がある人はそれなりに、お金が出せない人はまた社会のどこかの場面でその人なりにお返しすればいいってことか。おー、これって!間接的な支え合いの精神だ!と衝撃をうけた私。

荒木住職は「故人を思い出すのが何よりの供養になる。」と新聞社の取材で話しておられました。
法要には身の丈のお布施でよいのではないでしょうか。そして故人を思う気持ちいっぱいで法要に望んでいただきたいと思います。

ちなみに、相手のに配慮しない“金額をズバズバ言う住職”と誤解があってはいけないので補足します。お布施の金額は私が事前に知りたい方のためにも教えてください。とお願しました。
「金額ではありませんから。」「お志で。」としか言わない住職もいる中、皆さんとお寺との緩衝役の私に隠さずに言ってもらえたことに荒木住職への信頼も深くなりました。


「博國屋終章事業」について
手元供養はお骨の一部しか納められません。
お客さまの中には、ご縁のあるお寺がなく手元供養に納骨したけれど、残った遺骨はどうすればいいの?と遺骨のやり場所に悩みます。
そこで遺骨の納骨先も博國屋でご紹介しよう。と始めたのがこの「博國屋終章事業」です。
詳しくは こちらのページをご覧ください。
ceremony_s4_sengankannom.jpg

スタッフ雑記帳 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示