手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おかげさまで5周年!

2007/08/09 Thu 22:09

手元供養一筋 5年目を迎えました。

支えていただいた大勢のお客さま、
同じ方向性をもっている関係同業者の皆さま、
各NPOや市民団体のみなさま、
博國屋にご縁をいただいた大勢の方々に
ありがとうの感謝の気持に満たされています。

おかげさまで博國屋も5周年を迎えることができました。
ありがとうございました。m(__)m

8月に入り、
博國屋代表の「手元供養のすすめ」本も書店にならぶ
ようになり、節目のよきしるしもできました。
先日の休みにゆっくり読みながら、
博國屋の発足の動機から、今日に至るまでの活動や、
社会の葬送のシーンの変化など、過去帳でもあり、
これからの世相をにらんだ未来帳でもあるような内容ですが、
『この四年間いろいろあったなぁ』と感慨にふけっていました。


今日はお客さまからお声が届きました。
奥様の供養に「おもいで碑」をご購入くださいったKさんからです。
おもいで碑は闘病中に奥様がパソコンで見つけて“お気に入り”に
入れといてくれていた様で、後日ご注文をいただきました。
残されたものの思いだけではなく、
去り行く側の意思として手元供養を望んでいただけたこと、
お亡くなりになっており複雑な気持ですが、奥様の願いがかなってよかったと思っています。

去り行く側は寂しく心細いはずです。亡くなっても愛する方の傍で、
一緒にいられると思えることで少しでも不安を軽減できたのかと察すると、
改めて手元供養を広く事前に知ってほしいと思いました。

omoidehi024.jpg



「ありがとう。」
今までの苦労やがんばりもこの言葉をまえにするとちっぽけだなぁ。
あっという間にクタビレ気味だった心と気持が浄化されました。

これからも博國屋一同一丸となってがんばります!

今日までありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

        博國屋店長 山崎周亮

fukusuke.gif


手元供養の博國屋 ============================
〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3京都陶芸工房103
TEL: 075-315-3370 FAX: 075-315-3005
■博國屋ホームページ
http://www.hirokuniya.com/index.html
■E-mail shusuke@hirokuniya.com 山崎周亮
===================================================

お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。