手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

今日はセミナー(大阪)の告知をさせていただきます。
セミナーの内容は
お葬式などを取巻く最近の葬送事情を、
・葬送ディレクターを育てている先生
・浄土宗の僧侶
・葬儀サポートの第三者機関相談員
のお三方によって広く深く情報を提供していただきます。

常日頃、葬儀・葬送に関する疑問がありましたら、
この機会に勉強しにいらしてください。
各分野の専門家からホッとな話題が聞けますよ。
また、お寺さんに対する質問なども秋田住職がお応えしてくれるます!


で、私、山崎周亮は・・
主催「大連寺・エンディングを考える市民の会」
のボランティアスタッフをしています。
私も当日会場におります。
見かけたら声かけてください!

なお当日飛び込みの参加も受け付けておりますが、
定員もございますので、事前にお知らせいただければ
準備物の都合もあり助かります(^^;

参加の連絡はこちらまで。
http://uemachi.cotocoto.jp/event/1647
またはshusuke@hirokuniya.com(山崎)


■日 程: 2007年07月28日(土)午後2時~4時まで。
■場 所: 應典院(地図)
■最寄り駅: 大阪市営地下鉄【谷町9丁目駅】
■参加費: 1000円
☆☆先着で4名様まで無料ご招待します☆☆
山崎までいそいでご連絡ください♪

エンディングセミナー
「最新・葬送の2007年問題」

講師:大竹幸浩さん
(駿台トラベル&ホテル専門学校ライフステージ・プロデュース学科長)

この日は、日本で唯一成人を対象とした「葬祭専門教育機関」駿台トラベル&ホテル専門学校。学科長大竹さんに、先駆的な葬祭教育を通して見えてきた、これからの葬送のありかたについて提言をいただきます。宗教と葬儀、グリーフワーク(遺族の悲嘆)への対応、相続、年金、保険などの基礎からプレニード(生前準備)など、一過性の儀礼に終わらない、終末の人生設計など、葬送の「未来形」について語っていただきます。第二部では葬儀サポートセンターの岩貞さん、大連寺・応典院の秋田住職も交えたミニ・シンポジウムも併催します。

<エンディングセミナー>とは~人生の完成期を考える講座

エンディング(=人生の完成期)とは自らの人生の最終ステージをいかに価値あるものとするか、という「生」を見つめる時間をさします。とりわけ、自分らしい最期をどう実現するかは、「死後の自己決定」として、いま大きな関心を呼んでいます。多くのご参加をお待ちしています。

セミナー会場は大阪天王区にある浄土宗の応典院というお寺。
こられたら驚くとおもいますが、コンクリート打ちっぱなしの
モダンな寺院です。
20070720164910.jpg


境内にある生前個人墓「自然じねん
近年求められている継承者を必要としないお墓です。
2_b_dai.jpg


ネット上だけでなく、実際にお目にかかれればうれしいです。
セミナーだけでなく、博國屋にはいつでもお越しになってください。
          山崎周亮
文字色文字色
お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示