手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

名前を残したい。

2006/09/04 Mon 19:57

ミニ骨壷「なごみ」が発売してから
はや2ヶ月が経ちました。
20060904195151.jpg

「おもいで碑」地蔵タイプでしたら、

地蔵(肌色)>黒地蔵>赤地蔵

と人気(?)というのか、
いわゆる売れ筋品の傾向があらわれていますが、
「なごみ」ちゃん(博國屋内での愛称)は、
どれもほぼ均等な感じです。
あえて言うならホワイトが半歩リード!?
といった状況でしょうか。
しかし、これはお客さまのお好みですので、
何色が良い!というものはございません。
●故人さまのイメージにあったもの。
●故人さまを身近に感じられる雰囲気のもの。

を判断基準にしていただきたく思います。


さて、今日はその『なごみ』ちゃんに、
名前やメッセージが焼付けられないか!?
とのお問合せをいただきました。

『なごみ』に限らず、実は以前より
『八角舎利』にも同様のご質問をいただいておりましたので、
本日の記録としてブログに記します。

結論を申しますと、
『なごみ』、 『八角舎利』への名前の焼付は
お受けしておりません。
願いを叶えられず申し訳ございません。

誰の遺骨が入っているか分かるようにしたい。
とのご要望ですので、博國屋では
お名前やお誕生日、没年月日やご関係などを記した紙を
容器の中に一緒に納められることをご提案しております。

最近では皆さまプロ顔負けにパソコンをお使いになられますので、
手作りのお名前シールもいいのではないでしょうか?
20060904195229.jpg


手元供養にしきたりはございません。
最愛の方らしい素敵な装いをされてみてはいかがでしょうか。(しゅうすけ)


追記 2009年6月
その後、試作を重ね、「ミニ骨壷なごみ」「八角舎利」に
文字入れができるようになりました。


≫詳しくはホームページをご覧ください。
  制作現場 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
「なごみ」ちゃん
私のウチにある「なごみ」ちゃんには、かわいいシールが貼ってあります。
あの頃のまんま、「なごみ」ちゃんもかわいくなりました。
先日は、ちょっと頑張らなくてはならないことがあったので、少し重かったのですけれど、カバンの中に入れて行きました。

淋しい時、悲しい時、そしてなんでもない時でも、いつも手の中に収めて、話し掛けています。

本当にありがとうございました。
marurinさん
シールで飾られたオリジナルな「なごみ」ちゃんとなっているのですね。(^-^)
marurinさんの心のよりどころとしてお使いいただけたこと、本当にうれしく思います。
おそくなりましたがコメントありがとうございました。

管理者のみに表示