手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

9月に入りました・・・
相変わらず、残暑の厳しい毎日です。
博國屋スタッフ・・“熱中症予防でバカ売れ”と巷でうわさの
「塩飴」なめて、がんばってます
試しに買ってみたものの、なかなかいけます。

ame.jpg
本物にこだわるシニア相談員Sさんもお気に入りw

今日は先日、ご夫婦でお地蔵さんを生前購入された方からのおはがきをご紹介したいと思います。
2010_0902.jpg

-----おはがきより抜粋----------------------------
思っていたとおり心がやすらぐ姿にお願いしてよかったと思っております。
夫婦で今のところ元気にしてますが、
ひとつでも大事なことを済ませた気がしています。
-------------------------------------------------


地蔵さんの背中の
命日が○○○と空欄になっている焼付け文字が印象的でした。

ご夫婦のどちらか一方が先に逝かれたのち、そこに日付が書き込まれるのでしょう。
いつの日か・・でもまだ、遠い先の未来であってください。

今、生きている一日一日を大切に過ごすこと。
生きているうちに自分が亡くなった後のことを考えて準備しておくこと・・
そんな人が増えてきているのかもしれません。。

今年は記録的な猛暑・・
「異常気象」との発表がありました。
熱中症で亡くなる方も少なくなく、決して「他人事」ではありません。。

来年もますます、塩飴が売れるかもしれません・・・ね。(合掌)
(解説:手元供養品が売れるように・・と公言できない、手元供養屋の苦しい心情)



お客様の声、お便り | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示