手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

~分骨、自宅供養で手元供養をされるお客様からのお声~

いつも温かい家族の絆を感じるお言葉ありがとうございます。
『短い言葉に込められたお客様の一行メッセージ集』と題し、
全5回に分けてご紹介いたします。京都ひろくに屋


★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°

第3回『短い言葉に込められたお客様の一行メッセージ集』


「この碑なら子供も負担無く引き継いでくれるでしょう。」

「いつも母がそばにいるようで・・・大切にします。」

「納骨日に間に合せてくれてありがとうございました。」

「暖かい落ち着いた感じで“おもいで”にぴったり。永くそばに置いておきたい。」

「とてもゆったりした気持ちになりました。」

「亡き妻は、分骨にしてリビングで家族と一緒にいられるのなら、山のふもとにある墓にはいってもいいと考えを変えました。不安を一つ減らして安らかに逝くことができました。」

「こころがあたたかく感じました。やさしい気持ちになれそうです。」

「いつも母の笑顔があって、安心しております。」

「素朴なつくりで気持ちもやすらぎます。」

「私個人の供養の対象として、身近で手を合わせていきたいです。」

「毎朝声をかけられることが何よりです。足腰の弱いものにとって身近で供養できる幸せを感じます。」

「ずい分前から こういった形の供養をしたいと思っていました。」

「もっと手元供養したい人はいると思う。」

「手にずっしりと感じた重さ。改めて主人は逝ってしまったんだなぁと涙がとまりませんでした。」


★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°
★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°



少し間が開いての第3回の投稿となりました。
いただいたお声を見る度に、あああ、もっとがんばらないと!
手元供養がお役になる方々にもっと広く情報発信しないと!
と熱くなります。

手元供養は仕来たりや慣習、宗教儀式ではありませ。
ただただ愛する人ともっと一緒にいたい、そばにいて欲しと思う心の行動。
遺骨はその人の生きた証し、存在の証しです。
自宅に遺骨をおくこと、分骨することは法律上も問題ありません。

「もっと手元供養したい人はいると思う。」

手元供養という供養の方法(供養というより愛の表現といいたいですね。^^)があること
もっと知ってもらいたい。切に願っております。(博國屋 山崎周亮)

手元供養が伝わる方法、あれば何なりと教えて下さい!
先輩に勧められ、いま流行りのtwitterを始めました。
twitterなさっておられる方、フォローお願いします!!
京都ひろくに屋ツイッター→twitter.com/hirokuniya

本日も京都ひろくに屋ブログをご覧くださり
ありがとうございました。

――京都ひろくに屋――――――――――――――――――――
電話 075-315-3370(平日9:00~18:00)その他は転送対応
24時間受付中 お問合せフォーム
〒601-8392 京都市南区 吉祥院 内河原町3
-------------------------------------------------------
■ 京都 博國屋(ひろくにや) http://www.hirokuniya.jp/
■ 手元供養ネットショップ  http://www.hirokuniya.com/
□「お墓の心配無用 手元供養のすすめ」祥伝社新書 →Amazon
□ 日常をつぶやき中。→twitter.com/hirokuniya
――――――――――――――――――――――――――――――
   ~ 手元供養 あったかい 心 つなぐ お手伝い ~

お客様の声、お便り | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示