手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
いつも温かい家族の絆を感じるお言葉ありがとうございます。
『短い言葉に込められたお客様の一行メッセージ集』と題し、
全5回に分けてご紹介いたします。京都ひろくに屋


★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°

第一回『短い言葉に込められたお客様の一行メッセージ集』


「遺骨が納められる適当なものを ずっとさがしていた。やっとめぐり会えました。」

「毎日手にとって主人に感謝して 明るく過ごしていきたい。」

「故人を思い出して涙してしまいました。」

「故人の面影を感じます。」

「自分が思ったとおりの事ができると思います。」

「小生には亡き妻の何よりの供養だと信じています。」

「いつも傍に居るような感じで、一人暮らしですが、なぜか不安がなく安心して生活しております。」

「これで安心して遺骨をお寺さんに渡すことができます。」

「大変こころがなごみます。」

「亡き妻が傍にいるような感じがしました。オブジェに遺骨を入れ、
故人の写真を焼き付けているため身近にいる感じがするのです。」

「思わず手を合わせました。なんどもさすりながら涙がこぼれました。」

「大切な身近にいつもいてほしい人なので傍におけて嬉しく思います。」

「地蔵は人気者でした。」

「箱から出てきたお地蔵様に会って、しばらく泣いてしまいました。」

「安心と安堵の気分でしょうか。」

「優しくおちつきのある表情の地蔵オブジェに母の遺骨を納めることができ、
私自身の心も安らいでおります。まだまだ地蔵を見つめていると涙が出ますが・・・・。
いつでもそばにいてくれるように思います。」

★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°


愛する家族の死は願わくば訪れてほしくないことです。
しかしこの世に生を得た生命として避けては通れないできごとです。
私ども博国屋がいただくありがとうのメッセージには、
辛いお別れを経てもたゆまない愛、強い絆を感じさせてくれます。

地球誕生から46億年。生命の誕生はまだ後のことですが
同じ時代に生き、出会った二人そして家族はまさに奇跡運命のめぐり逢わせ。
身体は無くなっても気持ちで繋がりあえる。
究極の愛がそこにあると感じています。 (博國屋 山崎周亮)

~ 追 申 速 報 ~
更新不定期の博国屋店主ブログが密かに更新されておりました。
「先日、同じ頃手元供養品を送り出した代表者2人と一緒に飲む機会がありました。・・」


京都ひろくに屋ブログをご覧くださり
ありがとうございました。

――京都ひろくに屋――――――――――――――――――――
電話 075-315-3370(平日9:00~18:00)その他は転送対応
24時間受付中 お問合せフォーム
〒601-8392 京都市南区 吉祥院 内河原町3
-------------------------------------------------------
■ 京都 博國屋(ひろくにや) http://www.hirokuniya.jp/
■ 手元供養ネットショップ  http://www.hirokuniya.com/
□「お墓の心配無用 手元供養のすすめ」祥伝社新書 →Amazon
□ 日常をつぶやき中。→twitter.com/hirokuniya
――――――――――――――――――――――――――――――
   ~ 手元供養 あったかい 心 つなぐ お手伝い ~

お客様の声、お便り | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。