手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
あなたに出逢ったから、今の手元供養の発展があるでしょう。

あなたが動いたから、お仏壇と手元供養のお洒落なショップが広がったでしょう。

あなたに出逢ったから、ぼくは伝統的な価値観の業界に、そうでない可能性を感じ今まで歩んでこれたでしょう。


昨日その方の訃報が入りました。


2004年に出逢ったときからの記憶の思い出が巡りました。

手元供養の言葉もないその頃、仏壇仏具展でのこと、

お地蔵さんを仏壇に置いて展示している私を

非常識扱いをするモノ言いをされる方々が多数を占める中、

その人は かわいい地蔵さんだね、うちの仏壇にあうね!と

自ら地蔵さんを手にとってモダンなお仏壇に置いてくれました。

お地蔵さんとを置くのに丁度よい木製の台を分けてくれました。

小さなことです。

でも僕には手元供養に未来を感じる大きな出来事でした。


それから1年後、その人は「祈りと癒し」をテーマにしたお店を

都会にこそ必要!と大阪の心斎橋にオープンしました。

いま広がっているお洒落な「祈りと癒し」のお店の先駆けです。

そこがお仏壇(お洒落な)と手元供養を合わせた日本で最初の専門店でした。
(残念ながら2007年に閉店しました。)



“専務便”と愛称され全国へお仏壇を運ばれる行動力、
製造元でもあったので直接お届されたかったのでしょう。
優しさも一緒にお届けされていましたね。
受け取る側も満足、安心されたことでしょう。

誠実なお人柄とお顔が目に浮かんでいます。

悲しいです。とても


S元専務に勇気をもらっていた人間がここにおりますこと
この場を借りて伝えさせて下さい。


ありがとうございました。


お疲れさまでした。



以前お客さまに “あの世はいいところ”と聞きました

「だっていったら誰もかえってこないんだから」

ユーモアのある冗談ですね。


あの世のお酒もおいしいことと願っています。

またいつか どこかでお目にかかりましょう。

まずはこの世、おつかれさまでした。

博国屋 山崎周亮

jizoudai01.jpg


追申)
お酒の席をご一緒することができませんでしたが、
専務の志を誰よりも強く受け継いでおられる
部下のKさんに専務の面影を感じながらご一緒させていただきます。献杯









スポンサーサイト
スタッフ雑記帳 | コメント(1) | トラックバック(0)
2010年2月12日
お客様のお声が届きましたので、ご紹介させていただきます。
nagomi019.jpg

お便りありがとうございます。
またお気に召していただけたご様子で
私どもにとって何よりのご褒美のお言葉です。

身近で朝夕と手を合わせていただければ、
故人さまも淋しくなく幸せですね。
手を合わせることは、手を合わせる私どもにとっても
心休まる癒しのひと時にもなりますので有り難いことです。

諸事情でお墓を持たない選択をされる方からの
手元供養したいけど、残りの遺骨をどうしたらよいか。
そのようなご相談は後をたえません。
そんなことから、私ども博国屋でも2004年から、
・京都のお寺の永代供養墓
・海洋散骨

の後継者や、管理費を必要としないお骨の行き先をご紹介しております。

Satoshi.Nさまのお役に立てるかはわかりませんが、
こちらもご覧になって下さい。
⇒ご納骨先がない方、お手伝いします。博国屋終章事業

この度は私どもを見つけてくださりありがとうございました。

京都ひろくに屋 山崎周亮

京都ひろくに屋ブログをご覧くださり
ありがとうございました。

――京都ひろくに屋――――――――――――――――――――
電話 075-315-3370(平日9:00~18:00)その他は転送対応
24時間受付中 お問合せフォーム
〒601-8392 京都市南区 吉祥院 内河原町3
-------------------------------------------------------
■ 京都 博國屋(ひろくにや) http://www.hirokuniya.jp/
■ 手元供養ネットショップ  http://www.hirokuniya.com/
□「お墓の心配無用 手元供養のすすめ」祥伝社新書 →Amazon
□ 日常をつぶやき中。→twitter.com/hirokuniya
――――――――――――――――――――――――――――――
   ~ 手元供養 あったかい 心 つなぐ お手伝い ~
  ミニ骨壷 | コメント(0) | トラックバック(0)
~分骨、自宅供養で手元供養をされるお客様からのお声~

いつも温かい家族の絆を感じるお言葉ありがとうございます。
『短い言葉に込められたお客様の一行メッセージ集』と題し、
全5回に分けてご紹介いたします。京都ひろくに屋


★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°

第3回『短い言葉に込められたお客様の一行メッセージ集』


「この碑なら子供も負担無く引き継いでくれるでしょう。」

「いつも母がそばにいるようで・・・大切にします。」

「納骨日に間に合せてくれてありがとうございました。」

「暖かい落ち着いた感じで“おもいで”にぴったり。永くそばに置いておきたい。」

「とてもゆったりした気持ちになりました。」

「亡き妻は、分骨にしてリビングで家族と一緒にいられるのなら、山のふもとにある墓にはいってもいいと考えを変えました。不安を一つ減らして安らかに逝くことができました。」

「こころがあたたかく感じました。やさしい気持ちになれそうです。」

「いつも母の笑顔があって、安心しております。」

「素朴なつくりで気持ちもやすらぎます。」

「私個人の供養の対象として、身近で手を合わせていきたいです。」

「毎朝声をかけられることが何よりです。足腰の弱いものにとって身近で供養できる幸せを感じます。」

「ずい分前から こういった形の供養をしたいと思っていました。」

「もっと手元供養したい人はいると思う。」

「手にずっしりと感じた重さ。改めて主人は逝ってしまったんだなぁと涙がとまりませんでした。」


★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°
★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°★.。.:*・°



少し間が開いての第3回の投稿となりました。
いただいたお声を見る度に、あああ、もっとがんばらないと!
手元供養がお役になる方々にもっと広く情報発信しないと!
と熱くなります。

手元供養は仕来たりや慣習、宗教儀式ではありませ。
ただただ愛する人ともっと一緒にいたい、そばにいて欲しと思う心の行動。
遺骨はその人の生きた証し、存在の証しです。
自宅に遺骨をおくこと、分骨することは法律上も問題ありません。

「もっと手元供養したい人はいると思う。」

手元供養という供養の方法(供養というより愛の表現といいたいですね。^^)があること
もっと知ってもらいたい。切に願っております。(博國屋 山崎周亮)

手元供養が伝わる方法、あれば何なりと教えて下さい!
先輩に勧められ、いま流行りのtwitterを始めました。
twitterなさっておられる方、フォローお願いします!!
京都ひろくに屋ツイッター→twitter.com/hirokuniya

本日も京都ひろくに屋ブログをご覧くださり
ありがとうございました。

――京都ひろくに屋――――――――――――――――――――
電話 075-315-3370(平日9:00~18:00)その他は転送対応
24時間受付中 お問合せフォーム
〒601-8392 京都市南区 吉祥院 内河原町3
-------------------------------------------------------
■ 京都 博國屋(ひろくにや) http://www.hirokuniya.jp/
■ 手元供養ネットショップ  http://www.hirokuniya.com/
□「お墓の心配無用 手元供養のすすめ」祥伝社新書 →Amazon
□ 日常をつぶやき中。→twitter.com/hirokuniya
――――――――――――――――――――――――――――――
   ~ 手元供養 あったかい 心 つなぐ お手伝い ~

お客様の声、お便り | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。