手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
とっても明るい声の方から、私あてのお電話が鳴りました。

その声の主は4年前の「かぐや姫」のお客様 KAKOさん。
手元供養を社会に伝えることへの、
使命感を私に与えてくれた方のお一人です。

4年前のKAKOさんは声やメールからも悲しみが伝わってる
状況でした。
愛する家族のお墓への納骨日が迫るにつれ、
悲しみや喪失感が増してくる。。
つらくて会社にもいけない。。
納骨したくない。。でもしなければ・・。。
そういう状況でした。

そんな苦しみの時に、私どもを偶然ネットで見つけて下さり、
手元供養することでお墓への納骨が無事にできたのです。

大事な人を亡くしたことのない私は、
このKAKOさまの気持ちを忘れないでおこう。と努めました。
しかし実際は、忘れられませんでした。
いまも手元供養をお話させていただく時、
私は納骨で孤独を感じる苦しみ、悲しみにあるかたもいらっしゃることを
お話させてもらっています。

お墓への納骨は、四十九日、一周忌を目処になさる方が多いと
思います。
この日数は宗教者の考えか、お家の慣習できまっているようですが、
法律上はお墓への納骨にいついつまでという期限はありません。
(そもそもお墓にいれないとならないという法律はありません)


4年前のKAKOさまと同じ苦しみを持たれている方に伝えたいこと。
『気のすむまでそばに置くという選択肢もあります』
『親戚づきあいなどで、納骨の必要があるのでしたら、一部でも
そばに置いてあげてください。納骨してからでは取り返しは難しいです。』

供養は故人の為でもありますが、実は残ったもののためでもあります。
今日の電話でKAKOさんが言って下さいました。
「手元供養は心のケアです。そばにおくことで心が落ち着きました。」

私では想像できない苦しみ、悲しみを乗り越えられ
明るい声になられたKAKOさま。
私ども博国屋が少しでもお役に立てたこと本当にうれしく感じました。


~あったかい 心 伝える 手元供養~
博国屋はご家族の愛をつなげるお役にたてることに
誇りと喜びを感じて日々を努めております。


京都ひろくに屋のホームページには
お客様のお声が掲載されております。
ぜひいちどご覧ください。




=博国屋掲示板にKAKOさまが投稿くださった文を転載いたします=
(2006年3月をもってBBSは閉鎖しました。沢山の投稿ありがとうございました)

桜の季節 投稿者:KAKO 
博國屋さま
3月初めに無理なお願いをした「かぐや姫」の八坂をお送り頂いた者です。故障していたPCがやっと元通りになりましたのでようやくこちらにおじゃまさせて頂きました。
昨年の今頃、兄の葬儀を終えて間もなく迎えた桜の季節。例年なら桜の開花便りに心が弾んでお花見が待たれたのに、その桜の花が華やかであればあるほど何故か悲しくて淋しくて心の中まで涙が満ち溢れ、桜の季節が過ぎ去るのを待ちました。早くに両親を亡くした私に、親代わりとしてず~と長い年月一緒に暮らして来てくれた兄でしたのでどう気持ちを落ち着かせていいのか判らず、いつも涙ぐんでばかりの毎日でした。一周忌法要の参考にと開いたネットで辿り着いた御社のホームページ。兄が教えてくれたとしか思えない御社のページ。迷わずお願いして届けて貰った朱色の「かぐや姫」。これならこれからも一緒に居られる。一番近いところで見守ってくれる。自分の掌に乗せた途端、淋しくて納骨を延ばし延ばしにしていた私の心が初めてスーと落ち着いていくのが判りました。親戚や兄の友人達も集まって下さり、東大谷さんで納骨と一周忌法要を終え、芽吹き始めた桜の円山公園内にあるお料理屋さんで精進落としを頂く頃には淋しいはずの心に代わって何故か清々しい心の私がそこに居ました。
もし、博國屋さんに出会わなかったら、きっとあの淋しくて納骨の決心が出来ない気持ちを抱えたまま今年の桜の季節を迎えていたことでしょう。何度お礼を申しても申し足りません。ご親切な御社のスタッフの方々に心から感謝致しております。本当にありがとうございました。今年は「かぐや姫」のペンダントで兄も一緒に満開の桜を見に行ってきます。

===========================

一日一日の出来事、おひとりおひとりとの出会いが今の博国屋を
形成しているなぁと感じた本日でした。  京都ひろくに屋 山崎周亮

~あったかい 心 つなぐ 手元供養~    京都ひろくに屋
――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで博國屋 8周年!ありがとうございます。
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
自分らしい供養のお助け本 「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)好評発売中。
――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
お客様との出来事など | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。