手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

こんにちは、手元供養 京都ひろくに屋の山崎周亮です。

ブログ、メルマガでご紹介いたしました
金曜プレステージ、皆さまご覧いただきましたでしょうか。
実は私、皆さんにご案内した立場のくせに、移動中で見ることができませんでした。涙

スタッフに聞いたところ、本編が始まる前の番組プロローグでシナリオ通り
「手元供養って知っていますか。。。」と片平なぎささんのナレーションがあったそうです。
が、、、博國屋提供のパンフレットも予定どおり一瞬映った程度。
アップになることもなく、事前に知らされていても、あれかな?って程の扱いだったと。涙

私からのメルマガやメールでお忙しい中見てくださった方、ごめんなさい。

しかしながら私、山崎もここ数年で打たれ強くなっておりまして、
博國屋が出なくてもいいのです。目立たなくてもいいのです。
“手元供養”の名が広く使われて知っていただければいいと思うのです(^へ^)!!

(とはいえ、やはりわざわざ見てくださった方には申し訳ございませんでした。)


今日も嬉しいメールを頂戴いたしましたので、(掲載ご了承済み)
さっそくホームページでご紹介させていただきした。
合わせてこちらのブログでもご紹介させていただきます。

-----------------------------------------------

T&Sさま からのメッセージ
photo_13.jpg

このたびは急ぎの注文にもかかわらず丁寧に仕上て頂きありがとうございます。
“もう届きましたか?”のメールを頂いた時はまだでしたので、首を長くして待っていました。
到着してすぐに お骨をお地蔵さんに納めお仏壇の側へ手をあわせました。
娘達も見た瞬間「ひゃ~かわいい~幸せそうに笑ってる~パパ良かったね~」って
お地蔵さんの頭をなでなでしていました。
背中のメッセージ「あなたの妻でよかった・・・・」を読み「ママそうやね」と言い 涙していました。
毎年記念日に必ず薔薇の花束を贈ってくれていた優しい主人でした。
自分の死を予知し注文をしていたのか?一周忌を終えた記念日に主人の名前で いつものように薔薇の花束が届きました。そんな優しい主人をいつも側に感じることが この可愛いお地蔵さんで出来るのは、本当に嬉しく思います。
ありがとうごさいました。  T&S


博國屋) 商品発送後の“届きましたかメール”が先に届いてしまいご心配をおかけしてしましました。申し訳ございません。
メッセージの、「あなたの妻でよかった・・・・」を拝見し、私もそんな風に言ってもらえるような夫にならなければ。。と思いました。そして毎年バラのプレゼント、優しいご主人のお顔が浮かぶようでした。温かく愛の溢れる素敵なご家族ですね。T&Sさまと娘さんたち、ご家族みなさまを繋ぐお役にたてましたこと私どもの喜びでもあります。よかった。ありがとうございます。

-----------------------------------------------

博國屋がお届けする手元供養の向こうには、
このようなドラマが広がっています。
皆さまのノンフィクションのお声が集まる博國屋は、
本物の手元供養ドラマの集約地、そして発信源として、
手元供養の発展に尽力してまいります。

皆さまのお声、お力添えをこれからもよろしくお願いいたします。
また、ホームページの作り、サービスのあり方など、
何なりとご意見いただければ嬉しいです。
私山崎へメールをお送り下さい、お待ちしております。m(__)m


博國屋山崎周亮


~あったかい 命 つなぐ お手伝い~ 京都ひろくに屋
――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで博國屋 6周年!ありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――――――
 ネットショップ店長 山崎 周亮:tenchou@hirokuniya.com
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
自分らしい供養のお助け本 「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)好評発売中
――――――――――――――――――――――――――――


  納骨オブジェ | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、京都ひろくに屋の山崎周亮です。

■■メディア情報■■のご案内です。
≪予告≫しかも明日(2009年6月5日金)!


フジテレビ番組 「山村美沙スペシャル 赤い霊柩車」に博國屋のパンフレットが小物で使われます。博國屋の手元供養品はでませんが、手元供養を脚本に取り込んでくださったことが嬉しいです(^^!
090327パンフ-007
↑↑このパンフレット。拡大して使うそうです。でも映るのは一瞬。刹那です。^^
ちなみに資料請求を頂きますとお送りいたします。

【番組の内容】 (Yahooテレビガイドより転載)
金曜プレステージ・山村美紗サスペンス赤い霊柩車24 死者からの贈り物
平均視聴率17.7%をはじき出している超人気シリーズの24作目!今回も明子(片平なぎさ)&春彦(神田正輝)の名推理が冴え渡る!
 “サスペンスの女王"片平なぎさ主演! 京都の葬儀社社長・石原明子(片平なぎさ)と、婚約者である大学病院医師・黒沢春彦(神田正輝)が遭遇した事件を推理し、真相解明に乗り出す異色サスペンスで、1992年の放送スタート以来、平均視聴率17.7%をはじき出している超人気シリーズの24作目!!【あらすじ】 明子(片平なぎさ)は京都出張中の婚約者・春彦(神田正輝)から、京南大学医学部の教授・大石大輔(長谷川初範)と、助手の小田夕子(小野真弓)を紹介されるが、ほどなく夕子が殺害されるという事件が起きる。その夕子は殺される2週間ほど前、偽名で中絶手術を受けていたが、入院中、ひまわりの形をしたロケットペンダントを大事に握りしめていたという。が、そのロケットが誰かの手によって持ち去られてしまったのだ。お腹の子の父親は誰なのか!?明子と春彦は真相をつきとめるべく、独自の調査を開始するが、その矢先、第2の殺人事件が発生する・・・。 (以上)



博國屋へ取材依頼のあったのは4月上旬でした。ライターさんに、どのように使われるかお尋ねしたら、冒頭の脚本を送ってくださいました。番組冒頭にはこんなナレーションがはいります。
「手元供養という言葉をご存知でしょうか?誰しも愛する人とは一緒にいたい、身近に感じていたい。そんなご遺族の思いを叶えるためにはじまったのが、手元供養です。」
と正確に手元供養を説明くださっています。安心しました。

いままでニュースや情報番組での取り上げしかなかったですので、
ドラマという番組のなかで、手元供養の言葉が扱われることで、
広くこの言葉、そして手元供養という愛の供養の選択肢が広がることに心から感謝をしております。

さて、番組は“サスペンスの女王”片平なぎさ主演!原作は“ミステリーの女王”山村美沙さん。
どんな展開、結末になるのでしょうか。

※博國屋では、取材依頼がきますと、どのように取り上げていただくか、番組企画書などを求め事前に確認をさせていただいております。なぜなら、すでに多くの手元供養をなさっている方がいらっしゃいますので、おちゃらけたり、お笑いのネタに使われてはいけないからです。



≪最近の掲載報告≫
2009年6月1日 愛媛新聞に地元愛媛出身の博國屋代表 山崎譲二の手元供養取材記事が掲載されました。

2009年5月19日 日テレ「スッキリ!!」に「おもいで碑」「杢ペンダント」が
スタジオで紹介されました。
090519sukkiri.jpg


2004年に手元供養と命名してから今年で5年。
おかげさまで少しづつですが供養の選択肢として広がりをみせているように感じます。
これもすべての皆さまのおかげです。

今朝は最近ご購入のお客様から商品の一部についてありがたいご意見を頂戴いたしました。
その方はその道のプロ(国外でも活躍なさっているアーティストさん)でして、感性レベルの高いご指摘でした。ふむふむ。意識がたりなかったことを気付かされました。
博國屋はこれからも改善改良を重ね、
少しでも良いものを、一人でも多く手元供養を望まれる方々に
お届けしていけること使命として仕事して努めてまいります。

博國屋山崎周亮

pamphlet01.jpg



~あったかい 命 つなぐ お手伝い~ 京都ひろくに屋
――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで博國屋 6周年!ありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――――――
 ネットショップ店長 山崎 周亮:tenchou@hirokuniya.com
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
□ 手元供養のことは「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)で把握!
――――――――――――――――――――――――――――

メディアでのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

ありがとう職人さん 

2009/06/03 Wed 15:52

こんにちは、手元供養 京都ひろくに屋の山崎周亮です。

納骨オブジェ「おもいで碑」を作ってもらっていますのは、
京都は東山で230年続く清水焼窯元「瑞光窯(ずいこうがま)」さんです。

京都の高級料亭などの雅な清水焼の器を得意としている
高い技術をもつ職人さん方が日々土と向き合って様々な器を作られています。
090522-009.jpg
光が透けるほど薄いロクロと削りで仕上げられたお猪口は1個がなんと1万円です。
先代時代の焼き物とのこと、「今これができる職人はそういないのでは。。」(社長談)


この日は「おもいで碑」をご担当下さっていた職人さんから、後輩職人さんへの
バトンタッチにあわせて、私もご挨拶に参ってきました。
(後輩とはいえ、この道20年のベテランさんです。)
私は手元供養のことと、「おもいで碑」を受取られる方の思いを、伝えてまいりました。
これからも皆さまに大切にそして愛してもらえる「おもいで碑」をお届けいたします。
090522-004.jpg

【写真②】
090200-010.jpg
手前は「おもいで碑/オーダーオブジェ」。薄いピンクの釉薬が1230℃の本焼成により
真っ白に焼きあがります。(奥にみえるの真っ白なものが焼きあがりです。)

【写真③】
070509制作中-022
「おもいで碑/地蔵タイプ」は一つづつ職人さんの温かい手に包まれて出来上がっていきます。
型をつかっていますので同じ形状に仕上がりますが、顔の表情など少しづつことなるお顔立ちです。
機械製品でない、手作りの温もりです。


●●新着の“お客さまからのお声ハガキ”のご紹介です。↓↓
自分の所に亡き息子が戻ってきてくれたと思いました。(H・Kさま)
omoidehi046.jpg

自分も前向きに生きていかないと、、、という気持ちにさせられました。(A・Kさま)
omoidehi047.jpg

“お客さまの声”はこちらでもご覧いただけます。
http://www.hirokuniya.com/hpgen/HPB/categories/17348.html


さぁ、手元供養で広がる笑顔のために今日もがんばります。
博國屋 山崎周亮

■■メディア情報■■
≪予告≫
2009年6月5日金曜日 フジテレビ番組「山村美沙スペシャル 赤い霊柩車」に博國屋のパンフレットが小物で使われます。一瞬です。^^ ドラマ冒頭で「みなさん手元供養ってしっていますか?」とナレーションからはじまるようです。午後2時からの放映です。
≪掲載≫
2009年6月1日 愛媛新聞に地元愛媛出身の博國屋代表 山崎譲二の手元供養取材記事が掲載されました。
2009年5月19日 日テレ「スッキリ!!」に「おもいで碑」「杢ペンダント」が
スタジオで紹介されました。





~あったかい 命 つなぐ お手伝い~ 京都ひろくに屋
――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで博國屋 6周年!ありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――――――
 ネットショップ店長 山崎 周亮:tenchou@hirokuniya.com
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
□ 手元供養のことは「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)で把握!
――――――――――――――――――――――――――――



  制作現場 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |