手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

京都は今週末から花見シーズン♪
手元供養を日本へ発信!!
こんにちは、京都博國屋(ひろくに屋)の山崎周亮です。


同時期に博國屋の手元供養品を販売することはできないか?
と T さん(東北在住の個人の方)、贈答品ギフト屋さん(関東)と連絡をいただき、
いま手続を進めております。

博國屋は零細企業ながらも、お取引相手を選びます。^^
手続きを進めているということで、両先方ともに、
厳しい博國屋審査を通過したわけです。(どんな審査やねん!?^^)

前出の個人の方、Tさんは、
博國屋代表の著書 「手元供養のすすめ」(祥伝社新書)を読んで、
感激し感銘した。とメールをいただき、幾度かのメールと電話で、
情熱に押され共に手元供養を広めていきましょう!と相成りました。
「一人でも多くの方に手元供養をお伝えし、全国に笑顔が広がる」お手伝いを
させていただきたく。と桜柄のハガキに手書きで添えられていました。

関東のギフト屋さん、(従業員100名規模!)。
以前から博國屋と一緒に仕事をさせて頂いていましたSさんが、
ご縁をつないでくださり、先日社長さんとお目にかかり、
人生の最後の部分がないがしろにされている現状社会を打破したい事、
手元供養を求めている方が潜在的に多く、ぜひ教えてあげたい。と
熱い思いをぶつけてくださいました。 すごかった。。^^

今日受取った会社概要にかかれていた言葉、とても美しかった。

「花、無心にて蝶を招く」
花は自分の使命として、ただ一生懸命咲いている。
そこには邪心もなくただ無心に。。。
そしていつのまにか蝶がよってくる。

お商売も同じです。大きくしようとか、儲けようとか、
思惑いっぱいだと本当のよい仕事はできません。
純粋に自分の使命や役割を一生懸命に行うことが、
それを求める方に伝わり招くということです。

思いを共有できる方々と共に、仕事ができることはやってて楽しい!
そして気分もいい!ですよね。
わたしども博國屋は、皆様のお力もお借りして、手元供養の社会化に努めます。


最後に、
先週末にお客様がくださったお便りをご紹介します。
このような言葉が博國屋を強くたくましくしてくださいます。感謝!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「おくりびと」が脚光を浴びていることが象徴するとおり、いかに生きて最期の日を迎え、そしてどう送り送られるかということは、とっても大切なことですね。形式にとらわれず、心から送り、悼むという作業を手伝ってくれる御社の存在に、私以外にも多くの人が救われていることと思います。今後とも、よい仕事をなされんことを祈り上げ、お礼に代えさせていただきます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

prod_icon_omoide01.jpg


~あったかい 命 つなぐ お手伝い~ 京都ひろくに屋
――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで博國屋 6周年!ありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――――――
 ネットショップ店長 山崎 周亮:tenchou@hirokuniya.com
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
□ 手元供養のことは「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)で把握!
――――――――――――――――――――――――――――
お客様の声、お便り | コメント(0) | トラックバック(0)
当日直前でのご案内となってしまいました!スミマセン

「自分らしい葬送を考える企画展」
第13回 手元供養展in横浜
 開催いたします。

【日程】 3/19(木)、と3/20(金・祝日)の二日間

【場所】 タウン情報誌の「タウンニュース社 ホール」
東急田園都市線 江田駅 下車二分

09yokohama_front01.jpg

09yokohama_back01.jpg

店長山崎も久しぶりにボランティア参加してきます。
はずかしながらこのチラシも私のデザイン、制作です。(^^)

会場へお越しの際は、ぜひ山崎をみつけて声をかけて下さい。

今回のテーマは
「愛のある葬送情報イベント “おくりびと”の感動がここに!」

スクリーンの中から、私たち自身の現実に、納得と満足のいく、
葬送にむけて役立つ情報発信イベントとなることを願ってがんばります。

今回の講師も、各シーンで経験豊富な顔ぶれです。

入場無料のボランティアイベントですし、駅からも徒歩二分と便利です。
人生の最後で失敗しないように、情報収集にぜひお越しください。


京都ひろくに屋の手元供養品もご覧いただけますよ。(販売はございません。)


それでは会場でお目にかかります!
博國屋山崎周亮



~あったかい 命 つなぐ お手伝い~ 京都ひろくに屋
――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで博國屋 6周年!ありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――――――
 ネットショップ店長 山崎 周亮:tenchou@hirokuniya.com
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
□ 手元供養のことは「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)で把握!
――――――――――――――――――――――――――――
お知らせ | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |