手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
20070731150211.jpg


先日の28日、真夏日和の中、
“夏のエンディングセミナーに”30名がご参加くださいました。

講師の大竹幸浩先生は、
社会人を対象とした葬送専門教育に教鞭をとられておられ、
葬送業界の広いネットワークだけでなく、
教え子が葬儀社、火葬場、僧侶、エンバーマーetcと各所に
おり、その現場の声も合わせて興味深い話が伺えました。

2007年の良い問題としてあげられて話を一つ。
核家族となった現代では、葬儀の準備などに地域世話役さんや
親戚があまり関与しなくなったこと。
これは一見うるさい事言う人がおらず、いいじゃない♪
と思うかもしれませんが、実はここに落とし穴があります!!
葬儀社 < 喪主 + 地域世話役 + 親戚
葬儀社 > 喪主

と勢力図が逆転するのです。
その葬儀社が良心的でなかったらどうなるでしょう。
「みなさんこれ位の祭壇になさいますよ。」
「最後の親孝行です棺もこれ位でないと。」
「私どもに全てお任せください。」

落ちた穴の中は国民生活センター報告書でご覧いただけます。

そこで、地域世話役や親族にかわる存在となるのが、
葬儀社を紹介してくれる第三者機関です。

私ども博國屋と面識がある第三者機関を参考までにご紹介しますと、
 【京都】 京都生協 葬祭事業部 クオレ案内センター
 【千葉】 ちばコープ 葬祭事業部 
 【東京、大阪】 葬儀サポートセンター

最後に一つ、面白かった話を記します。
それは大竹先生の身内の葬儀の際、
葬儀社の担当が大竹先生を業界の方と見受けて行った
大変親切な?サービスをされました。

そのサービスとは、
「100件近い弔電を全部読まれちゃいまして・・」
と受取り手としては困ったサービスでした。笑

2007年は悪い葬儀社は淘汰されるとの見方ですが、
悪だけでなく、志や使命感があっても方向を間違うと
問題ですよー。との例え話でした。笑


質疑応答も含めたあっという間の2時間、
参加者みなさんのうなずく後姿がよく見られました。
ご招待で来ていただいたHさん、Kさんありがとうございました。


ボランティアに汗をながした週末でした。
               山崎周亮

手元供養の博國屋 ==============================
〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3京都陶芸工房103
TEL: 075-315-3370 FAX: 075-315-3005
■博國屋ホームページ
http://www.hirokuniya.com/index.html
===================================================

スポンサーサイト
お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
今日はセミナー(大阪)の告知をさせていただきます。
セミナーの内容は
お葬式などを取巻く最近の葬送事情を、
・葬送ディレクターを育てている先生
・浄土宗の僧侶
・葬儀サポートの第三者機関相談員
のお三方によって広く深く情報を提供していただきます。

常日頃、葬儀・葬送に関する疑問がありましたら、
この機会に勉強しにいらしてください。
各分野の専門家からホッとな話題が聞けますよ。
また、お寺さんに対する質問なども秋田住職がお応えしてくれるます!


で、私、山崎周亮は・・
主催「大連寺・エンディングを考える市民の会」
のボランティアスタッフをしています。
私も当日会場におります。
見かけたら声かけてください!

なお当日飛び込みの参加も受け付けておりますが、
定員もございますので、事前にお知らせいただければ
準備物の都合もあり助かります(^^;

参加の連絡はこちらまで。
http://uemachi.cotocoto.jp/event/1647
またはshusuke@hirokuniya.com(山崎)


■日 程: 2007年07月28日(土)午後2時~4時まで。
■場 所: 應典院(地図)
■最寄り駅: 大阪市営地下鉄【谷町9丁目駅】
■参加費: 1000円
☆☆先着で4名様まで無料ご招待します☆☆
山崎までいそいでご連絡ください♪

エンディングセミナー
「最新・葬送の2007年問題」

講師:大竹幸浩さん
(駿台トラベル&ホテル専門学校ライフステージ・プロデュース学科長)

この日は、日本で唯一成人を対象とした「葬祭専門教育機関」駿台トラベル&ホテル専門学校。学科長大竹さんに、先駆的な葬祭教育を通して見えてきた、これからの葬送のありかたについて提言をいただきます。宗教と葬儀、グリーフワーク(遺族の悲嘆)への対応、相続、年金、保険などの基礎からプレニード(生前準備)など、一過性の儀礼に終わらない、終末の人生設計など、葬送の「未来形」について語っていただきます。第二部では葬儀サポートセンターの岩貞さん、大連寺・応典院の秋田住職も交えたミニ・シンポジウムも併催します。

<エンディングセミナー>とは~人生の完成期を考える講座

エンディング(=人生の完成期)とは自らの人生の最終ステージをいかに価値あるものとするか、という「生」を見つめる時間をさします。とりわけ、自分らしい最期をどう実現するかは、「死後の自己決定」として、いま大きな関心を呼んでいます。多くのご参加をお待ちしています。

セミナー会場は大阪天王区にある浄土宗の応典院というお寺。
こられたら驚くとおもいますが、コンクリート打ちっぱなしの
モダンな寺院です。
20070720164910.jpg


境内にある生前個人墓「自然じねん
近年求められている継承者を必要としないお墓です。
2_b_dai.jpg


ネット上だけでなく、実際にお目にかかれればうれしいです。
セミナーだけでなく、博國屋にはいつでもお越しになってください。
          山崎周亮
文字色文字色
お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

父親のやさしさ

2007/07/12 Thu 19:54

京都も今週は梅雨空が続いています。
今ほどお客さまが雨の中、本日お渡し予定の
「想い出の礎」を取りにお越くださいました。

僕とあまり変わらないお歳の娘さんを亡くされ、
残された幼いお孫さんに母(娘さん)の面影を残してあげたいと
お孫さんと娘さんのツーショットの写真でオブジェをお作りになりました。

まだ3歳のお孫さんに、
お母さんの記憶がどれだけ残っているのでしょうか・・
この写真オブジェがお役にたてればと願うばかりです。

オブジェの背面には
“千の風になっていつも見守っていますよ。”
そんなメッセージが記されました。

お孫さんに対して、おじいちゃんの想いは、
お母さんを忘れないで欲しいことですが、
早く旅立ったお母さん(娘さん)のことを
申し訳ないとの自責の念を感じました。


娘さんを亡くした父として誰より辛いはずです。
孫のためにと尽くされてる姿は
おじいちゃんの立場ではありますが、
父親としての責任感がYさんを動かしているんだと思いました。
母親の愛情は取りだたされることが多いですが、
このブログでもそうですが、

お帰りになるYさんの後ろ姿に父親の優しさを感じました。

この週末に他府県に住むお孫さんに届けにいくとのこと、
まだおもちゃの方が喜ばれるかもしれませんが、
お母さんとのツーショットオブジェを
この先の人生で喜んでいただければ嬉しいです。


                  山崎周亮


京都は17日の山鉾巡行にむけ準備が進んでいます。
写真は月鉾。
屋根の様に見える天板が、完成すれば“床”になります。
070712-003.jpg


手元供養の博國屋 ==============================

〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3京都陶芸工房103
TEL: 075-315-3370 FAX: 075-315-3005
■博國屋ホームページ
http://www.hirokuniya.com/index.html
===================================================




お客様の声、お便り | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。