手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

天声人語に

2007/06/25 Mon 12:08

午前中にブログを書くのは初めてかもしれません。
ということで、

今日も元気におはようございます!

今日はうれしいご報告。
今朝の朝日新聞天声人語に、手元供養の記事が書かれていました。

記事が書かれたことも嬉しいのですが、
もっと嬉しいことがあります。それは、
“手元供養”が一般名詞として書かれていることです。

なぜかと申しますと、(知る人ぞ知る情報ですが、)
“手元供養”の名付け親は私たち博國屋です。

周りからなぜ登録商標にしとかなかったの?
といわれますが、それは明太子が関係しています!笑

名づけて明太子戦略!?
今や誰でも知っている博多名物『明太子』。
名付け親はふくや創業者の川原俊夫さん
川原さんは広く明太子を知ってもらうために、
明太子を登録商標にせず、しかも製法も広めていきました。
当然ライバル会社は多くできましたが、
そのおかげで「明太子」の名称も商品も全国区商品になりました。


手元供養とは、
故人を想う心から、その方のご遺骨で故人を偲ぶ供養の方法です。

どこぞの小さな会社の所有物でも考え方でもありません。
もっと大きな社会全体のこの時代の産物です。

私たちはその想いを叶えられるきっかけとなるよう、
そして手元供養を求める方に広く知っていただくこと、
を目指してています。


天声人語ではこう書かれてあります。

死者をしのぶ行為は本来、すぐれて個人の心の問題だ。
しきたりや世間体を離れ、簡素でも自分に正直に、
気が済むようにすればいいとも思う。

(6月25日 朝日新聞 天声人語より)
http://www.asahi.com/paper/column20070625.html


21世紀は心の時代といわれています。
形式やしきたりにはうんざりなのでしょうか・・。
葬送、供養においても自分の願いが叶うようになりました。
供養で迷うことがあれば、どうか貴方の素直な気持を大切にして下さい。

もし私どもでお役にたてることがあればお気軽にご相談ください。
(私たちはNPO手元供養協会の相談窓口のお手伝いもしております。)

お電話→075-315-3370 (平日9:00~19:00)

博國屋はこれからも志高く、
手元供養の社会化を目指して邁進します。^ー^!

         博國屋 山崎周亮

追記
過去のブログで、手元供養の名称がつくまでの
マスメディアでの紹介などの流れをまとめています。
長文ですがご一読なさってください。
興味深いかもしれませんよ。
http://temotokuyou.blog54.fc2.com/blog-entry-17.html
スポンサーサイト
メディアでのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
おかげさまで博國屋も5年目の終盤です。

手元供養のお仕事の流れ、周期とでもいいましょうか、
その周期がとても長いんです。
博國屋スタッフの会話によく「時間かかるねー」
というのが聞かれます。
なぜかって言いますと、
例①)手元供養を知る→資料請求をする→購入する
例②)新聞で博國屋を知る→博國屋に来る→購入する

長い方は、この流れに3年くらいかかります。
1、2年前の新聞記事を持ってこられる方は少なくありません。
というおり実際多いです。新聞の色が変わっています。
(それくらい長い間たいせつに保存いただいて感謝!!)

「時間かかるねー」は嫌味ではなく、
“その時”がきたときに求められるのが私たちの仕事なんです。

昨日は2年前にお地蔵さん(お姉さまの供養に)を
購入くださったお客さまから再びご注文をいただきました。
リピーターのお客様も間隔が長いです。
しかし最愛の方の供養にと再びお求めいただけることは
認めていただいているとのことなので嬉しく自信をもらいます!

もう一つ今日の嬉しいことベスト1は、
口コミでのご注文をいただいたことです。
口コミはお客様の評価、うれしいに尽きますね。


博國屋の5年の月日は無駄に過ぎていないようです。(ほっ。)


手元供養品は、押し付けて売るものでもありません。
求める方の、求められたときに備えて、
博國屋スタッフ一同、抜かりのないよう準備しています。

ですのでどうぞあわてず時間をかけてゆっくりお考えになってください。
              
手元供養の資料が必要でしたらこちらからお気軽に。
↓↓営業の電話などしませんのでご安心下さい。
資料請求フォーム

:::::::::::::::::::::::::::


開店ほやほやのネットショップといいますと、
こちらも順調にご来店いただいており、
ページの作り甲斐を感じています!
忙しく大変ですが楽しい、そんな今日この頃です。
手元供養のひろくに屋(ネットショップ)

梅雨に入りました、
お気に入りの傘で雨の日も楽しくまいりましょー♪

                新米店長 山崎周亮



スタッフ雑記帳 | コメント(0) | トラックバック(0)

ショップロゴ

2007/06/04 Mon 17:15

20070604155445.jpg


↑↑ ひろくに屋ショップロゴができました。

新米店長大満足です。癒し系なところにホレてます!

書いてくれたのは書家の山形卓(あきら)さん。
新米店長のアウトドア遊び&人生を語る友人です。

手元供養のことは僕がいつも熱く(しつこく?)語って
いるので知ってもらっています。よね?
書いてもらう前に、
手元供養をされる方、された方の想いを伝えました。
 「故人が帰ってきたようです。」
 「癒されます。」
 「淋しさから救われました。」etc

淡墨でつつみ込むようなやさしい字で書いてくれました。
見ていると癒されます。

ロゴ、看板負けしないように、
皆さんの癒しとなる手元供養の通販サイトを目指し邁進します。
卓さん、ほんまありがとう。感謝!

書いてます。


個展での一枚。
彼は全身を使って舞うように書き、書に命を与えます。
434709307_150.jpg

スタッフ雑記帳 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。