手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日のブログはお知らせです。

『手元供養品を見たいんだけど。』

『○○県で手元供養品はどこで見れますか?』

こんなお問合せをよくいただきますが、
現在ご覧いただけるところは
東京、埼玉、千葉、神奈川、愛知、
京都、大阪、兵庫、岡山、福岡
でしかご覧いただくことができません。

他府県からお越しいただくお客様に、
いつも申し訳なく思っております。

博國屋加盟の“NPO手元供養協会”の
『手元供養展』が今度は長崎で開催されます。
期間中は加盟9社の手元供養品が展示紹介されます。
販売会ではありませんので、お気軽にお越しください。

開催中の土日は博國屋のスタッフも現地におります。
お気軽にお声をかけてください。

nagasaki.gif

スポンサーサイト
お知らせ | コメント(1) | トラックバック(0)

息子と共に生きていたい

2006/06/21 Wed 14:49

今朝は事前にお電話を頂いていた、広島の瀬戸内町からTさんがお越しくださいました。
手元供養をご自身の供養にどうだろう?と見学にこられました。
熱心に手元供養品をご覧になり、写真焼付けタイプが気に入られたご様子。
Tさんは、遺骨のことの他、臓器提供をしたい。葬儀はお別れ会がいい。
と具体的なイメージをお持ちでした。
エンディングノートなど、最近の葬送に関する事をかなりご存知のTさんだったので、先日発売された丸山弁護士の共著の本をご覧頂きました。
books450.jpg


なんとなく腑に落ちなかったこと。それは
具体的に考えるにはちょっと早いんとちがうかなぁ。
Tさんは僕の目には平均寿命まだ2、30年もありそうでした。

いろいろと話をしている中で、実は一昨年に息子さんを
亡くされたことを話してくださいました。
お寺の暗いお墓には納めたくないと、ご遺骨は現在ご自宅に。
しかし3周忌には一部を手元供養にして、残りを散骨にするかなぁ。
とけじめをつけることを考えておられました。

今すぐ具体的にどうするというのではありませんが、
Tさんの息子さんへの気持ちが、
今日Tさんを京都まで連れて来てくれたんだと思いました。

Tさんは4人息子のお母さん。
僕の母も4人息子のお母さん。(僕は次男)
そのせいか、Tさんが自分の母と重なって見え、
息子を想ってくれる母の姿に、
何と言うか、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

同じ息子の立場から、とにかく
お母さんありがとう。
感謝の気持ちを伝えたいです。

海外留学先で亡くなられた息子さんに
Tさんはきっと淋しい思いをさせたとの
自責の念があるかもしれません。
しかし、海外にいるとき、親元を離れたとき、
家族の存在、母の存在は本当にありがたく、
なによりの支えとなることをお伝えたいです。

今日は晴れでよかったです。
遠路をありがとうございました。
またお気軽にお電話ください。山崎周亮
お客様との出来事など | コメント(0) | トラックバック(0)
私事ですが・・ノドがやられてそろそろ一週間が経ちました。
皆様にはガラ声でのお電話対応で、ご迷惑をお掛けしております。
ガラ声ですが、ガラは悪いほうではありませんので、ご安心ください。

今日は、先ほどお問合せを頂きました、
陸地での自然葬(①樹木葬、②桜葬)についてご紹介をいたします。


①樹木葬とは
墓石の代わりに、つつじやモモなどの樹木を墓標代わりに植えます。
【納骨方法】 骨壷から出して土の中に直接埋葬します。
【特記事項】 樹木は一霊につき一本のところが多いです。
【価格一例】 50万円
【その他】 日本で最初の樹木葬を1999年、岩手県一関市の「祥雲寺」さんが始めました。住職の千坂さんの、里山保護の観点と墓石への違和感とが合わさって実現されました。その後、各地の寺院墓地で樹木葬が広がってきておりますが、人里はなれた自然豊かな土地にある寺院での樹木葬が多いようです。
【ホームページ】 岩手県・祥雲寺千葉県・天徳寺山口県・宝宗寺 

②桜葬とは
樹木葬と同じく墓石を建てません。樹木葬との違いは、一人一本ではないところです。大きな桜の元に、何人もで眠れるようになっています。
【納骨方法】 骨壷から出して土の中に直接埋葬します。
特記事項】 同じ桜の元で眠る人と同士の、生前の繋がりも良いようです。
【価格一例】 個別区画は使用料30万円、環境保全費20万円、合計50万円
【その他】 桜葬は2005年に、東京の市民団体エンディングセンター(井上治代代表)が継承を必要としないお墓としてはじめ、現在全国に桜葬ネットワークをひろげておられます。日本人の、桜の元で眠りたい思いが実現されました。
【ホームページ】 エンディングセンター桜葬

博國屋では②桜葬の現地を確認してきました。自然葬についてお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。相談料など掛かりませんのでほんとお気軽にどうぞ♪
075-315-3370 

※ご注意ください!
上記自然葬はいずれも墓地指定された墓所(寺院境内、霊園墓地、集落の墓所など)でしか行えません。その他でされているところがあればモグリの可能性を疑ってください。またご自身の所有の山でも墓地埋葬法により埋葬はできませんのでご注意ください。

周りでも、風邪(特にノド、鼻)が流行っているようです。
季節の変わり目?急な夏日のせいでしょうか、みなさまもどうぞお身体ご自愛ください。山崎周亮
スタッフ雑記帳 | コメント(0) | トラックバック(0)

お別れの後の地獄とは

2006/06/01 Thu 23:25

今日は名古屋からのお客さま。
最近遠方からのお客さまが続きます。
天候が安定してきたからでしょうか?
京都は気温と共に、湿度まで高くなり蒸し暑いです。
京都の場合、晴れだからって“良い天候”とは
言えないかもしれませんね。

名古屋のお客さまは、二人姉妹の妹で、
お姉さんが亡くなり、「私は天涯孤独になった。」と。
一人は寂しいので手元供養で遺骨を一部おきたいとの想いから、
京都での用事と絡めて遠方をお越しくださいました。

天涯孤独・・、
孤独は地獄だ。
4月にお目にかかった清水勇男先生がおっしゃた事を思い出しました。
先生の講演では、作家の住井すゑさんが、
夫の遺骨を身近において話し掛けたりして
明るく過ごした実例をお話になり、
遺骨は気が済むまでそばに置いてあげればいいんです。
一人になるのは孤独、それは一番の地獄です。』

参加者に訴えかけるように優しく強くおっしゃておられました。

2005年の厚生労働省の調査。
65歳以上の方の48.1%が夫婦だけ または単身で生活されています。
最愛の方を亡くされ、遺骨を手放したくない方、
無理して手放さないでください。
気の済むまでそばに置いてあげてください。
あなたは一人じゃありません。

☆遺骨を自宅に置くことは法律的にも全く問題ありません。
弁護士で元公証人の清水先生も、法律家の立場から問題ないです。
と付け加えておられました。 
今回は清水先生のお言葉を借りて・・山崎周亮
スタッフ雑記帳 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。