手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
本日発売の週間エコノミスト9/21特大号-葬式と墓-特集で
“「○○家の墓」以外の選択肢”として
手元供養が紹介されました。

economist_1009_s.jpg


もう、時代の流れとしては現実的に様々な「お墓以外の選択」お墓に変わって台頭してきています。
博國屋では「手元供養品」のご提供だけでなく、“お墓以外の選択肢”として・・
合祀墓、海洋散骨
などのご案内もしております。⇒博國屋終章事業
top_project.jpg

手元供養をするためのご遺骨はほんの一部なので、、残った遺骨をどうしたらいい?
・・という方のサポートを合わせてご案内していますのでお悩みの方はぜひご相談ください。

☆お知らせ☆
『新しい供養と墓碑のカタチ・・おもいで碑のある風景』
om_site_bana.jpg

博國屋の手元供養の代表選手!笑顔がほっこり・・癒し系のお地蔵さんのHPができました!
お地蔵さんの魅力をたっぷりご紹介しています。併せてご覧いただけると幸いです。
スポンサーサイト
メディアでのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

パーソンからパーソンへ

2010/07/30 Fri 11:38

「葬式は、要らない」に続いて・・
「葬式は必要!」・・・そして



今回出ました・・「お墓は、要らない」 高橋 繁行 (著)

(で・・次は?と言いたくなりますが。。w)

ohakairanai.jpg

お葬式、お墓、そのあたりは「儀式」的なこと。
その”あと”・・のこと。

残された遺族の「ココロ」のこと。

その繊細で重い問題を救い上げる”一助”となれたら。
癒されるプロセス、方法は人それぞれだけど、
「手元供養」はそっと、ひそかに”必要な人”のそばに
「そこのある」
・・・そんな存在だと思うわけです。

お墓も大切・・葬式も大切。そう思う心は尊重・・あたりまえのこと。
でも、そう思わない人も自由にしていい。
「供養」とは・・考えてみれば、ごくシンプルで単純なことでは?
葬送ビジネスの会社が「今は手元供養がブームです!!」・・って違うやん。。

手元供養品なんて要らない。

「手元供養屋」がなにいってるんだか・・^^;?


さて、(本題?)。。
「お墓はいらない」の中で
手元供養(博國屋手元供養品)を紹介していただいてます。

ohakairanai_page.jpg

博國屋の山崎譲二が
「手元供養」をはじめた理由が明らかに?!
なんと・・スタッフ(わたし)も知らなかった禁断のエピソード!?!

必読です。。
----------------------------------------------------------------
《本書より抜粋》

「お墓を家にたとえると、従来のお墓というのは、先祖供養を通して『家』というものが
連続することに意味がある。
手元供養はそうじゃなく、大切な個人から個人へとつなぐ、パーソナルコミュニケーションツールだと思う。
家から家でなく、パーソンからパーソンへ、です。
手元供養の父の遺骨は、僕が死んだとき、いっしょに棺のなかに入れてもらいたいと思っているのです」

----------------------------------------------------------------
最後まで読んでいただき
おおきに・・・です。

boss_desk.jpg
《山崎譲二のデスクより》・・・合掌。

■手元供養の代名詞「おもいで碑・地蔵さん」
メディアでのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
《朝日ファミリー7月23日号》の中で
「手元供養」が紹介されました!
asahi_family.jpg
【記事を読む】

このところ、頻繁に話題になります・・
”葬儀のこと”・・”お墓のこと”・・・

いざ、、自分の身に降りかかってきたとき、、準備ができているでしょうか?
心の準備も含めて。。

ここにきて、「手元供養」という言葉もずいぶん定着してきたように思います。


それでも、
・・・「て、も、と、く、よ、う、って何ーっ?」という方はどうぞ!
             ↓
     【博國屋へ問い合わせする】
メディアでのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
朝日新聞の夕刊記事に
ニッポン「人・脈・記」が連載されています。

先日4月13日(火)に
「遺骨と共に生きてゆく」というテーマでNPO「手元供養協会」が紹介されました。

asahi_paper.jpg
【記事を見る】

遺骨をいつまでも手元に置いておきたい・・
そう願う人がこの記事を見つけ、そこに一筋の灯明が照らされるでしょうか。

大切な人を偲ぶことに形式やしきたりは無用ですね。
博國屋はあなたの思う、納得のいくかたちでの供養を探す手がかりになれば幸いに思います。

京都ひろくに屋ブログをご覧くださり
ありがとうございました。


――京都ひろくに屋 ――――――――――――――――――――
電話 075-315-3370(平日 9:00~18:00)その他は転送対応
24時間受付中  お問合せフォーム
〒601-8392 京都市南区 吉祥院 内河原町3
-------------------------------------------------------
■ 京都 博國屋(ひろくにや) http://www.hirokuniya.jp/
■ 手元供養ネットショップ  http://www.hirokuniya.com/
□ 「お墓の心配無用 手元供養のすすめ」祥伝社新書 →Amazon
□ 日常をつぶやき中。→twitter.com/hirokuniya
――――――――――――――――――――――――――――――
   ~ 手元供養 あったかい 心 つなぐ お手伝い ~
メディアでのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
これまでに刊行された、「週刊ダイヤモンド」
葬儀・寺・墓・相続特集を一冊にまとめた総集編!

葬儀・寺・墓・相続
大辞典


臨時増刊本が発売されました!
syukan_diamomd01.jpg

その中で、過去に掲載いただいた記事もごらんいただけます。
syukan_diamomd02.jpg

「継承を前提としたこれまでの家墓制度は明らかに限界にきている。
エコロジーなど大義名分が立つ理屈づけができるなら、現代人はそれほどこだわらない。
早晩、今の制度は音を立てて崩れるのではないか。」山譲二

知っておきたい情報が満載で、まさに「一家に一冊で安心!」・・・ではないでしょうか。


~以上
メディア掲載のご紹介でした!

京都ひろくに屋ブログをご覧くださり
ありがとうございました。

――京都ひろくに屋 ――――――――――――――――――――
電話 075-315-3370(平日 9:00~18:00)その他は転送対応
24時間受付中  お問合せフォーム
〒601-8392 京都市南区 吉祥院 内河原町3
-------------------------------------------------------
■ 京都 博國屋(ひろくにや) http://www.hirokuniya.jp/
■ 手元供養ネットショップ  http://www.hirokuniya.com/
□ 「お墓の心配無用 手元供養のすすめ」祥伝社新書 →Amazon
□ 日常をつぶやき中。→twitter.com/hirokuniya
――――――――――――――――――――――――――――――
   ~ 手元供養 あったかい 心 つなぐ お手伝い ~
メディアでのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
【週刊朝日臨時増刊】
夫婦で考える
定年後のお金と暮らし 2010

syukanasahi_20091214153707.gif

手元供養の紹介で博國屋の手元供養品が掲載されました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
kiji.jpg
分骨し、自分の手元に置く「手元供養」は新しい供養の形。
写真のような、お骨を納める、手元供養用商品が数多く考案されている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

定年後の暮らしのノウハウとともに
避けて通れない「お墓の問題」
選択肢のひとつとしての「手元供養」を多くの皆様に知っていただきたいと思います。

掲載されているのは・・
○納骨オブジェ「おもいで碑 お地蔵さん」
○納骨型お守り「かぐや姫」
○ミニ骨壷「八角舎利」

です。
いずれも京都博國屋のこだわりの逸品です・・・。
私どもの手元供養品が だれかのお役に立てればと願っております。

~以上
メディア掲載のご紹介でした!


――――――――――――――――――――――――――――
皆さまに支えられ京都ひろくに屋 8年目を迎えました。
――――――――――――――――――――――――――――
 ≪ご案内≫
 みなさんのお役に立ちたい!その思いが実現しました。
 手元供養の究極の参考本、博國屋のノウハウが本になりました。
 その名も「お墓の心配無用 手元供養のすすめ」祥伝社新書
     →博國屋  http://tinyurl.com/yfqwd23
     →Amazon  http://tinyurl.com/ya9tywa
 ☆手元供養や供養のお悩みに応えられる一冊だと信じています。


 ―京都ひろくに屋―――――――――――――――――――
   
 電話 075-315-3370(平日9:00~18:00)その他は転送対応
 FAX 075-315-3005 (24時間受付中)
 MAIL info@hirokuniya.com (24時間受付中)
 〒601-8392 京都市 南区 吉祥院 内河原町3
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋(ひろくにや) http://www.hirokuniya.jp/
■ 手元供養ネットショップ  http://www.hirokuniya.com/
■ スタッフブログ      http://tinyurl.com/yjw3hso
□ twitter はじめました。 http://twitter.com/hirokuniya
――――――――――――――――――――――――――――
   ~手元供養 あったかい 心 つなぐ お手伝い~
メディアでのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、京都ひろくに屋の山崎周亮です。

■■メディア情報■■のご案内です。
≪予告≫しかも明日(2009年6月5日金)!


フジテレビ番組 「山村美沙スペシャル 赤い霊柩車」に博國屋のパンフレットが小物で使われます。博國屋の手元供養品はでませんが、手元供養を脚本に取り込んでくださったことが嬉しいです(^^!
090327パンフ-007
↑↑このパンフレット。拡大して使うそうです。でも映るのは一瞬。刹那です。^^
ちなみに資料請求を頂きますとお送りいたします。

【番組の内容】 (Yahooテレビガイドより転載)
金曜プレステージ・山村美紗サスペンス赤い霊柩車24 死者からの贈り物
平均視聴率17.7%をはじき出している超人気シリーズの24作目!今回も明子(片平なぎさ)&春彦(神田正輝)の名推理が冴え渡る!
 “サスペンスの女王"片平なぎさ主演! 京都の葬儀社社長・石原明子(片平なぎさ)と、婚約者である大学病院医師・黒沢春彦(神田正輝)が遭遇した事件を推理し、真相解明に乗り出す異色サスペンスで、1992年の放送スタート以来、平均視聴率17.7%をはじき出している超人気シリーズの24作目!!【あらすじ】 明子(片平なぎさ)は京都出張中の婚約者・春彦(神田正輝)から、京南大学医学部の教授・大石大輔(長谷川初範)と、助手の小田夕子(小野真弓)を紹介されるが、ほどなく夕子が殺害されるという事件が起きる。その夕子は殺される2週間ほど前、偽名で中絶手術を受けていたが、入院中、ひまわりの形をしたロケットペンダントを大事に握りしめていたという。が、そのロケットが誰かの手によって持ち去られてしまったのだ。お腹の子の父親は誰なのか!?明子と春彦は真相をつきとめるべく、独自の調査を開始するが、その矢先、第2の殺人事件が発生する・・・。 (以上)



博國屋へ取材依頼のあったのは4月上旬でした。ライターさんに、どのように使われるかお尋ねしたら、冒頭の脚本を送ってくださいました。番組冒頭にはこんなナレーションがはいります。
「手元供養という言葉をご存知でしょうか?誰しも愛する人とは一緒にいたい、身近に感じていたい。そんなご遺族の思いを叶えるためにはじまったのが、手元供養です。」
と正確に手元供養を説明くださっています。安心しました。

いままでニュースや情報番組での取り上げしかなかったですので、
ドラマという番組のなかで、手元供養の言葉が扱われることで、
広くこの言葉、そして手元供養という愛の供養の選択肢が広がることに心から感謝をしております。

さて、番組は“サスペンスの女王”片平なぎさ主演!原作は“ミステリーの女王”山村美沙さん。
どんな展開、結末になるのでしょうか。

※博國屋では、取材依頼がきますと、どのように取り上げていただくか、番組企画書などを求め事前に確認をさせていただいております。なぜなら、すでに多くの手元供養をなさっている方がいらっしゃいますので、おちゃらけたり、お笑いのネタに使われてはいけないからです。



≪最近の掲載報告≫
2009年6月1日 愛媛新聞に地元愛媛出身の博國屋代表 山崎譲二の手元供養取材記事が掲載されました。

2009年5月19日 日テレ「スッキリ!!」に「おもいで碑」「杢ペンダント」が
スタジオで紹介されました。
090519sukkiri.jpg


2004年に手元供養と命名してから今年で5年。
おかげさまで少しづつですが供養の選択肢として広がりをみせているように感じます。
これもすべての皆さまのおかげです。

今朝は最近ご購入のお客様から商品の一部についてありがたいご意見を頂戴いたしました。
その方はその道のプロ(国外でも活躍なさっているアーティストさん)でして、感性レベルの高いご指摘でした。ふむふむ。意識がたりなかったことを気付かされました。
博國屋はこれからも改善改良を重ね、
少しでも良いものを、一人でも多く手元供養を望まれる方々に
お届けしていけること使命として仕事して努めてまいります。

博國屋山崎周亮

pamphlet01.jpg



~あったかい 命 つなぐ お手伝い~ 京都ひろくに屋
――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで博國屋 6周年!ありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――――――
 ネットショップ店長 山崎 周亮:tenchou@hirokuniya.com
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
□ 手元供養のことは「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)で把握!
――――――――――――――――――――――――――――

メディアでのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
手元供養を日本へ発信!!
こんにちは、京都博國屋(ひろくに屋)の山崎周亮です。

1月19日週刊ダイヤモンドでの博國屋の手元供養への掲載反響が以外に大きく、(失礼!)そしてメディア連鎖も起こりました。 
※ちなみに“以外に”の部分は、いままで手元供養の問い合わせは女性がおおかったのですが、殿方といういままでにない問合わせ層の問い合わせも加わりました。

今回掲載くださったのは、人気のクロワッサンの別冊
「クロワッサン プレミアム4月号(マガジンハウス)」。
4月号ですがもう発売されています!なんと早いのでしょう。。

それともう一冊ありまして、片岡鶴太郎さんが毎号表紙をかざる
「毎日が発見 3月号(角川コミュニケーションズ)」です。
こちらは自宅に届く定期購読誌ですので一般書店ではお目にかかれません。

どちらも読者層40代~の月刊誌で、山崎は読んだことがなかったのですが、
今回謹呈書をいただき拝読しますと、なんとまぁ楽しいこと。
両誌ともに、健康や楽しみ、豊さを追求したライフスタイルの提案に、人生を深めることの豊かさを感じながらページを繰りました。特に今回は、興味のあるトレッキングマニュアルや、全国の花見先取りの美しい風景。。仕事の手をとめて、じっくり読み入りたくなりました。(あとでゆっくり。)
特に「毎日が発見」の“いつまでも輝く人・第14回”の淀川長治さん(さいなら×3の方!)の映画人生記は自宅でのんびり向きあいたな。
「クロワッサン」の“人生をかえる旅”に記されていた言葉、旅を楽しむ条件は「時間」「お金」「体力」。でも人生で3つがそろう時期はない。50代で選び抜いた土地をじっくりとね。。。ほんとに行きたいときに行かないと!と思いました。

本は人生を豊かにしてくれる未知との遭遇がたくさんあります。
ここ2、3年本が身近になり、今年から図書館通いを始めた山崎でございました。

以下、手元供養の紹介文を転載いたします。
(さらに詳しくは、書籍のご購読をおねがいいたします。^^)





090326croissant02.jpg
090326croissant01.jpg

手元供養  「身近に置いて、絶えず面影を偲びたい」
何らかの事情でお墓をもてなかったり、お墓が遠いなどの理由で墓参ができない。その代わりとし、遺骨を手元に置いて供養する人も増えている。 従来の仏壇や位牌に代えて、普段の暮らしにさりげなくとけこめる形に変えた手元供養品がいろいろ開発されている。一見して骨壷とはわからない美しいガラス瓶やオブジェに納めたり、遺骨を粉にして固めてメモリアルプレートに作り替えたりもされている。 また、故人への思いが非常に強く、いつも身近に感じたい、近くにいて見ていてほしいという人には、遺骨の一部を収納できるカロートペンダントやロケットが好評。最近では、遺骨をダイヤモンドに変える技術も開発されている。指輪やペンダントなどに加工して身につけられ、唯一無二の存在であることから、注目されている。   「おもいで碑」中に遺骨が納められる、清水焼のお地蔵様。芸大准教授がデザインした愛らしい表情と、両手に包み込める形状が、癒される。こげ茶、ベージュ、朱の3色。高さが12cm 7万円京都ひろくに屋 (075-315-3370)
外部リンク: クロワッサン プレミアム(マガジンハウス)

------------------------------------





090325mainichi_hakken01.jpg 090325mainichi_hakken02.jpg

「持ち運びできるお墓」としての「手元供養」
「手元供養」という言葉をごぞんじでしょうか。お墓の有無にかかわらず、故人をいつも身近に感じていたいという考えに基づく供養の方法で、遺骨を偲びや祈りの対象とするものです。故人への思いが強いことや、さまざまな理由からお墓の代わりとして手元供養を、という人も多いようです。形式にとらわれない、自由で自分らしい供養であるともいえるでしょう。 例えばマンション暮らしなどのインテリアにも合うような、天然石やガラス置物風納骨容器もそのひとつ。もち歩きを望むならシルバーやチタン素材のペンダント型、遺骨を加工したプレートやアクセサリーなどもあります。 厳密な意味での手元供養ではありませんが、メモリアルペンダント商品も次々登場しています。 大切な方といつも一緒に、というのはごく普通の発送。手元供養という形は、今後さらにひろまっていくでしょう。
外部リンク:「毎日が発見」(角川コミュニケーションズ)

------------------------------------

本日は、京都市内から男性のお客様がお越しくださいました。
9年間ご自身で介護されたお母様を、手元供養なさりたいと。
お母様が亡くなり、体の一部を奪われたようで喪失感がここまで出るとは思わなかったこと、
そして涙は少ない性格なのに、これほど涙がでるとは思わなかった。とお話くださいました。

駅までお送りする車の中で、「母を失い、はずかしながら人生でいちばん優しい気持ちを持つようになった」と照れくさそうにお話くださいました。


手元供養で笑顔を届けたい!
誰かのために博國屋は今日もがんばります。

         京都ひろくに屋 山崎周亮

prod_icon_omoide01.jpg

京都清水焼の納骨オブジェ「おもいで碑/地蔵」

~あったかい 命 つなぐ お手伝い~ 京都ひろくに屋
――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで博國屋 6周年!ありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――――――
 ネットショップ店長 山崎 周亮:tenchou@hirokuniya.com
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
□ 手元供養のことは「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)で把握!
――――――――――――――――――――――――――――
メディアでのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。