手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009年12月7日
お客様のお声が届きましたので、ご紹介させていただきます。

tzumi_cont01.jpg

鼓Tuzumi

H.Sさま
お便りありがとうございます。
品格を感じていただきありがとうございます。
工業製品があふれる中で、手作り、とくに国内でのベテラン職人さんの
手仕事は値段に勝るモノの良さがあると私どもは信じております。

いつも一緒にいられること、
きっとおばあさまも喜んでくださっておられることと信じております。
お気に召していただけて何より嬉しいです!

気持ち悪いまでは感じませんが、
夜の卒塔婆はに怖い雰囲気を感じますね。

平たい丸、いいですね!
平らまら文字入れられるようにできますよ!
桜は日本人の心につながる美意識の共通キーワード、
素材のことも合わせて職人さんに聞いてみます。

お声を聞かせていただき誠にありがとうございました。

          京都ひろくに屋 山崎周亮

   >>杢シリーズ 「鼓tuzumi」の詳細を見る


――――――――――――――――――――――――――――
 京都ひろくに屋 皆さまに支えられ 8年目を迎えました。
――――――――――――――――――――――――――――
 ≪ご案内≫
 みなさんのお役に立ちたい!その思いが実現しました。
 手元供養の究極の参考本、博國屋のノウハウが本になりました。
 その名も「お墓の心配無用 手元供養のすすめ」祥伝社新書
     →博國屋  http://tinyurl.com/yfqwd23
     →Amazon  http://tinyurl.com/ya9tywa
 ☆手元供養や供養のお悩みに応えられる一冊だと信じています。


――京都ひろくに屋―――――――――――――――――――

 電話 075-315-3370(平日9:00~18:00)その他は転送対応
FAX 075-315-3005 (24時間受付中)
 MAIL tenchou@hirokuniya.com (24時間受付中)
 〒601-8392 京都市 南区 吉祥院 内河原町3
-------------------------------------------------------
■ 京都 博國屋(ひろくにや) http://www.hirokuniya.jp/
■ 手元供養ネットショップ  http://www.hirokuniya.com/
□ スタッフブログ http://temotokuyou.blog54.fc2.com/
□ twitter で情報発信中  http://twitter.com/hirokuniya 
――――――――――――――――――――――――――――
   ~ 手元供養 あったかい 心 つなぐ お手伝い ~
スポンサーサイト
  お守り、ペンダント | コメント(0) | トラックバック(0)
今日も朝から嬉しいおハガキを受け取りました。
差出人はひろっちゃんさん(60代の女性)
ご主人を亡くし、何も手につかない状況から立ち直られたご様子が
伺え、とても嬉しくなりました。

■手元供養 「おもいで碑」をお使いになってのお声

omoidehi043.jpg


「おもいで碑」を手にして
送っていただいたカタログを見て想像していたよりも、しっとり、ずっしりしていて、72歳で往った夫の骨太の身体にふれているようで心が癒されます。

「おもいで碑」をどこでどのように使われますか。
仏壇横の床の間違い棚の上段に、30年ほど前に、夫がタイから買ってきてくれた木彫りの観音様と並べて、毎日ナデナデしながら手を合わせています。

その他の意見、ご購入動機など
納骨をしたら夫と離れてしまうような気がして、淋しくて堪えられないと友人に話ましたら、彼女がインターネットで探して、カタログを取り寄せてくれました。
将来、足腰が弱くなれば、霊園に行く回数も減ってしまうと思います。自宅の仏壇とは違う心のよりどころが出来て本当に感謝しております。

prod_icon_omoide01.jpg

京都清水焼の納骨オブジェ「おもいで碑/地蔵」 70,000円



■お守りペンダント 「かぐや姫」をお使いになってのお声

kaguya015.jpg

エピソードをお聞かせください。
かぐや姫の粟田塗りを頂いて首にかけています。それまでは、何を見ても、何か食べても、亡き夫の事が想い出されて すぐに涙がでてしまっていましたが、かぐや姫を身につけてから、急に心が安らいで、手で握りしめると 夫の体温が伝わった感じがして、不安な気持ちが薄らいだ気がします。入浴の時以外はいつも着けています。あまり握りすぎて、うるしがはげたらどうしましょう!!と悩んでいるところです。
prod_icon_kaguya01.jpg
手元供養 お守りペンダント「かぐや姫」 28,000円
※漆がはげるほど大切にしてほしいです!とはいえ漆は丈夫ですのでそう簡単にははげませんのでご安心ください。

ひろっちゃんさんとご主人との
あったかい 命 つなぐ結ぶ お手伝いができて今日も幸せです。
困ったときに支えてくれる友人。人は宝として日々大切にしていきたいです。



お別れしても生きる勇気にしてもらいたい。
京都ひろくに屋の願いです。


~あったかい 命 つなぐ お手伝い~ 京都ひろくに屋
――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで博國屋 6周年!ありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――――――
 ネットショップ店長 山崎 周亮:tenchou@hirokuniya.com
 店長ブログ:http://temotokuyou.blog54.fc2.com/
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
□ 手元供養のことは「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)で把握!
――――――――――――――――――――――――――――
  お守り、ペンダント | コメント(0) | トラックバック(0)
手元供養は主に、大事な人とのお別れをしてから
ご購入いただく品ですので、当たり前ではあるのですが、
ご購入者の方のほとんどが愛する方を亡くされております。

“お便り”をいただいて嬉しいのですが、皆さまのその背景をお察ししますと、
切なくなってしまいます。

今回のお便りを下さったnaoさまは、
光が見えだしたと思った矢先の、急変で奥様を失われました。
“夢の中にいるよう。。”との言葉に、
受け入れがたい現実の厳しさを感じました。

しばらくすれば“もういない”辛い現実と向き合われるかも知れません。
そんなとき、「かぐや姫」(お守り型手元供養品)が、
naoさまと奥様の絆を結ぶお役にたてればと願ってやみません。

naoさまからいただいたお便り。
kaguya012.jpg


つづけてもうおひとつご紹介いたします。
kaguya013.jpg

手元供養屋を始めて7年目になりましたが、
愛する人(故人)との向き合い方は人それぞれですね。
じつはそれって当たり前のことですよね!?
恋愛は自由ですし、生活もそれぞれなんですから。

亡くなったら向き合い方(供養の方法)が皆一緒っていうことに
納得いかない方が多いのももっともなことです。

そういえば先日読売新聞社の世論調査「日本人」(2008/5/30)の結果をいただきました。
「宗教」・・信じないが71.9% 
  宗教者の方、看板にアグラをかいていては大変ですよ。
そして先祖を敬う気持ちをもっている人・・94%
  先祖のみなさん、うれしい数字ですね。
自然の中に人間の力を超えた何かを感じることがある・・56%
  ぼくもそう思います。すべてが必然ではないかと。。 

「宗教を信じない」方が多いようですが、特定の宗教でなくても
みなさま信じる何かを持っているのではないでしょうか。

お便りを下さったT.Sさまは、
ご自身の気持ちを信じて手元供養をなさったことと思います。
それで得られた安心感は絶大でしょう。
寺社仏閣のお守りも一緒だとおもいます。信じることで効果を発揮するのです。

手元供養は決まりがございません。
法律上も問題ないことですので、
ご自身を信じて、愛する人(故人)とのこれからの関係づくりにお役立てください。

 ≫お客様の声のページ

手元供養のことは、お気軽にご相談ください。
075-315-3370(ひろくにや)
山崎周亮

京都 博國屋 =====================================

〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3京都陶芸工房103
TEL: 075-315-3370 FAX: 075-315-3005
■博國屋ホームページ
http://www.hirokuniya.com/
===================================================
  お守り、ペンダント | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。