手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
こんにちは、京都ひろくに屋の山崎周亮です。
先週まで、ネットショップの裏側のブログ記事で失礼いたしました。

今回からは通常の手元供養屋としての、内容に戻して参ります(^^)!

手元に届いた6通の「お客さまからの声ハガキ」を本日更新しました。
声のハガキは、博国屋のお商売の原動力です。
お届けする先のご家族のことを思いながら誠実な仕事をしていきます。


-------------------------------------------------
omoidehi053.jpg


数年間も悩んでいらっしゃたのですね。
O様に限らず、お墓を持てない、また持たない方も増えてきています。
故人をおもう気持ち、そしてご家族みなさまがよかったと思える供養をすることで
亡きご家族も安心なさることと思います。
大変満足とのお言葉ありがとうございます。
お坊様も理解のある方でよかったですね。≫「おもいで碑」お地蔵の詳細

-------------------------------------------------

omoidehi052.jpg


ツワリや重いおなかを抱え赤ちゃんとともに過ごされた10ケ月。
心配や苦労、いろんな喜びを感じながら過ごされたことと思います。
一緒に生きたその時をお母さんは絶対に忘れられないですよね。
これからも心のなかで、そしてお地蔵さまとなって一緒に笑顔でお過ごしくださいますように。
博国屋を見つけて下さりありがとうございました。 ≫「おもいで碑」お地蔵の詳細


この他にも4通の新着ハガキを更新しました。
ぜひご覧になってください。 

⇒お客様からの声ハガキをもっとみる


博國屋山崎周亮


~あったかい 命 つなぐ お手伝い~ 京都ひろくに屋
――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで博國屋 6周年!ありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――――――
 ネットショップ店長 山崎 周亮:tenchou@hirokuniya.com
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
□自分らしい供養のお助け本 「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)好評発売中。
――――――――――――――――――――――――――――

スポンサーサイト
  納骨オブジェ | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、手元供養 京都ひろくに屋の山崎周亮です。

ブログ、メルマガでご紹介いたしました
金曜プレステージ、皆さまご覧いただきましたでしょうか。
実は私、皆さんにご案内した立場のくせに、移動中で見ることができませんでした。涙

スタッフに聞いたところ、本編が始まる前の番組プロローグでシナリオ通り
「手元供養って知っていますか。。。」と片平なぎささんのナレーションがあったそうです。
が、、、博國屋提供のパンフレットも予定どおり一瞬映った程度。
アップになることもなく、事前に知らされていても、あれかな?って程の扱いだったと。涙

私からのメルマガやメールでお忙しい中見てくださった方、ごめんなさい。

しかしながら私、山崎もここ数年で打たれ強くなっておりまして、
博國屋が出なくてもいいのです。目立たなくてもいいのです。
“手元供養”の名が広く使われて知っていただければいいと思うのです(^へ^)!!

(とはいえ、やはりわざわざ見てくださった方には申し訳ございませんでした。)


今日も嬉しいメールを頂戴いたしましたので、(掲載ご了承済み)
さっそくホームページでご紹介させていただきした。
合わせてこちらのブログでもご紹介させていただきます。

-----------------------------------------------

T&Sさま からのメッセージ
photo_13.jpg

このたびは急ぎの注文にもかかわらず丁寧に仕上て頂きありがとうございます。
“もう届きましたか?”のメールを頂いた時はまだでしたので、首を長くして待っていました。
到着してすぐに お骨をお地蔵さんに納めお仏壇の側へ手をあわせました。
娘達も見た瞬間「ひゃ~かわいい~幸せそうに笑ってる~パパ良かったね~」って
お地蔵さんの頭をなでなでしていました。
背中のメッセージ「あなたの妻でよかった・・・・」を読み「ママそうやね」と言い 涙していました。
毎年記念日に必ず薔薇の花束を贈ってくれていた優しい主人でした。
自分の死を予知し注文をしていたのか?一周忌を終えた記念日に主人の名前で いつものように薔薇の花束が届きました。そんな優しい主人をいつも側に感じることが この可愛いお地蔵さんで出来るのは、本当に嬉しく思います。
ありがとうごさいました。  T&S


博國屋) 商品発送後の“届きましたかメール”が先に届いてしまいご心配をおかけしてしましました。申し訳ございません。
メッセージの、「あなたの妻でよかった・・・・」を拝見し、私もそんな風に言ってもらえるような夫にならなければ。。と思いました。そして毎年バラのプレゼント、優しいご主人のお顔が浮かぶようでした。温かく愛の溢れる素敵なご家族ですね。T&Sさまと娘さんたち、ご家族みなさまを繋ぐお役にたてましたこと私どもの喜びでもあります。よかった。ありがとうございます。

-----------------------------------------------

博國屋がお届けする手元供養の向こうには、
このようなドラマが広がっています。
皆さまのノンフィクションのお声が集まる博國屋は、
本物の手元供養ドラマの集約地、そして発信源として、
手元供養の発展に尽力してまいります。

皆さまのお声、お力添えをこれからもよろしくお願いいたします。
また、ホームページの作り、サービスのあり方など、
何なりとご意見いただければ嬉しいです。
私山崎へメールをお送り下さい、お待ちしております。m(__)m


博國屋山崎周亮


~あったかい 命 つなぐ お手伝い~ 京都ひろくに屋
――――――――――――――――――――――――――――
おかげさまで博國屋 6周年!ありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――――――
 ネットショップ店長 山崎 周亮:tenchou@hirokuniya.com
--------------------------------------------------
 TEL:075-315-3370 FAX:075-315-3005
 〒601-8392 京都市南区吉祥院内河原町3-103
――――――――――――――――――――――――――――
■ 京都 博國屋  : http://www.hirokuniya.jp/
■ ネットショップ : http://www.hirokuniya.com/
自分らしい供養のお助け本 「手元供養のすすめ本」(祥伝社新書)好評発売中
――――――――――――――――――――――――――――


  納骨オブジェ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。