手元供養(ミニ骨壷、納骨オブジェ、遺骨ペンダント)で愛する人の分骨を自宅供養 | 手元供養専門店 京都・博國屋(ひろくにや)へようこそ

手元供養のひろくに屋

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

沢木耕太郎

2017/03/22 Wed 18:05

私の好きな作家、沢木耕太郎が初めて手掛けた小説です。年齢が近いせいか、人生晩秋のしみじみと感じるものがありました。
彼の本に出会ったのは、古い話で私が30代前半じゃないかと思いますが、青春時代のユーラシア大陸をバスを乗り継いでゆく紀行記が「深夜特急」というタイトルで、香港からインド、中東を経てポルトガル(大西洋)に至る日々が丁寧に書かれていて夢中になって読んだ記憶があります。
世界への関心は小田実の「なんでも見てやろう」に触発され、学生時代から海外旅行に行きましたが、小田実とは違い沢木のナイーブな感性や人の生き方について随分影響を受けたと思います。
沢木はこの本の中で、元ボクサーの主人公広岡が死期の予感を感じアメリカでの豊かな生活を捨て、生きていた自分(青春)を確認するため日本に帰り、かけがえのない青春時代の仲間とともに次世代の若者に命(夢)をつなぎ死んでいくという話でした。

50を過ぎた頃から生かされている自分に目覚め、両親やお世話になった人達への感謝を自然に思うようになりました。そして、今回のこの本は、「命をつなぐ」がテーマだったと思います。これからの私のレーゾンデートルは、これに尽きるのかと思わせる本に出会えたことに感謝です。

博國屋の手元供養品が命をつなぐお役に立てば幸いなのですが・・・。
スポンサーサイト
お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

沢木耕太郎著「春に散る」

2017/03/22 Wed 17:30

私の好きな作家、沢木耕太郎が初めて手掛けた小説です。年齢が近いせいか、人生晩秋のしみじみと感じるものがありました。
彼の本に出会ったのは、古い話で私が30代前半じゃないかと思いますが、青春時代のユーラシア大陸をバスを乗り継いでゆく紀行記が「深夜特急」というタイトルで、香港からインド、中東を経てポルトガル(大西洋)に至る日々が丁寧に書かれていて夢中になって読んだ記憶があります。
世界への関心は小田実の「なんでも見てやろう」に触発され、学生時代から海外旅行に行きましたが、小田実とは違い沢木のナイーブな感性や人の生き方について随分影響を受けたと思います。
沢木はこの本の中で、元ボクサーの主人公広岡が死期の予感を感じアメリカでの豊かな生活を捨て、生きていた自分(青春)を確認するため日本に帰り、かけがえのない青春時代の仲間とともに次世代の若者に命(夢)をつなぎ死んでいくという話でした。

50を過ぎた頃から生かされている自分に目覚め、両親やお世話になった人達への感謝を自然に思うようになりました。そして、今回のこの本は、「命をつなぐ」がテーマだったと思います。これからの私のレーゾンデートルは、これに尽きるのかと思わせる本に出会えたことに感謝です。

博國屋の手元供養品が命をつなぐお役に立てば幸いなのですが・・・。
お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

05/25のツイートまとめ

2012/05/26 Sat 03:57

hirokuniya

おはようございます。今日の京都はあいにくの雨ですが今日も頑張っていきましょう。
05-25 09:15

お知らせ | コメント(0) | トラックバック(1)

05/21のツイートまとめ

2012/05/22 Tue 03:52

hirokuniya

金環日食。晴れてよかったですね。京都では完全に真ん中ではないですがそれでも綺麗なリングが見られて感動です! http://t.co/4SXa6jvF
05-21 09:08

お知らせ | コメント(0) | トラックバック(1)

お客様の声 紹介

2011/10/05 Wed 16:00

メモリアルペンダント ソニア

お客様の声をご紹介です。


以下お葉書より抜粋
------------------------------------------------

納骨も済み、心にポッカリと穴が空いた日々
妻の遺品を整理中髪の毛を見つけ早速届いたペンダントに納めさせて頂き心の支えになる様に思えありがとうございました。
妻のチェーンネックレスに付け、肌身離さず身につけるつもりでいます。
髪の毛を見つけた時、何か良い保存手法を模索中、新聞記事で大震災の(いのちのドングリ)で知り早速問い合せました。
私達夫婦には子供がいない為、心の支えになります。

------------------------------------------------


Mさまの用に「いのちのドングリ」で手元供養を知ってくださった方も多いようです。 もっと手元供養を知ってもらえるようにこれからも博國屋一同がんばります!どうもありがとうございました!!


>>メモリアルペンダントについて詳しく見る ( ひろくに屋おもいでSHOP )
お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
またしばらく、ブログの更新が滞っていました。。
気づけばもう6月です。

もう今週末にせまってきましてギリギリの告知になってしまうのですが
「いのちの話とコンサート」
手元供養展 in 遠野
が6月5日に開催されます。

未曾有の大地震と大津波に襲われた東日本大震災。
今回の東日本大震災による被災を受けられた方や災害復興に尽力されている皆さんに向け、
ひと時のやすらぎの音楽と、フォーラム「いのちの話」
今回の大震災に思うこと、生や死をどう考えたらいいのか?
人はどう生きたらいいのか?を、来場者のみなさんと一緒に考えたいと思います。

--------------------------------------------------------------------
inochinohanashi_omote300.jpg
※↑画像クリックでpdfにリンク

inochinohanashi_ura300.jpg
※↑画像クリックでpdfにリンク

【日時】
2010年 6月5日(日)
開場11:00~15:30

【会場】
遠野市民センター 中ホール
遠野市新町1番10号 TEL 0198-62-4411(代表)

【企画展内容】
◇開場11:00
■ 企画展コーナー
新しい葬送情報:手元供養品の展示、葬送関連情報の各種パネル展示。葬送関連データファイル(散骨、樹木葬、納骨、本山納骨等)
※会場内で手元供養品の販売はしておりません
■ 個人相談コーナー
手元供養および葬送全般:NPO手元供養協会


◇開会12:30~15:30
■「コンサートI」12:30~13:00
 案内:千葉教子さん(コンサートⅠ.Ⅱ)
  演 奏: ピアノ 高木香織さん
       ヴァイオリン 伊禮しおりさん
       ソプラノ 山本恵子さん
  曲 目:アベマリア、夏は来ぬ 他


■フォーラム「いのちの話し」13:05~14:45
 (1)特別企画への思い(NPO手元供養協会会長山崎 譲二)
 (2)トーク・スリー
 千葉教子さん、尾角光美さん、秋田光彦さんの順で(各15分)
 (3)座談「いのち・寄り添うこと」
 山崎さん司会で、トークいただいた3人に伊藤邦男さん
(地元NPO手元供養協会会員)が加わり計5人で座談。


■「コンサートII」15:00~15:30

 曲 目:遠野の里のものがたり 他


●入場無料、参加申込みは不要です。
お気軽にご来場ください
〔お問合せ〕
NPO手元供養協会事務局
電話075-315-3370 (博國屋内)


お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
寒いというよりはむしろ、冷たい日々が続きます。
気がつけば、更新も滞りがち。
このままではいけないと思いつつ、日々の仕事に追われているとついつい筆が鈍ります。

さて、1/31~2/3の期間、サーバー移転に伴う、ひろくにやネットショップのリニューアルを行います。
一時的にショップサイトが表示されない等のご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、
ご理解とご容赦の程宜しくお願い致します。


P.S.子猫は元気にすくすく育っています。
cat0128

窓からきょろきょろと覗き込む姿に癒されています^^
お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

おめでとうございます。

2011/01/05 Wed 15:13

あけましておめでとうございます。

本日より、ひろくに屋2011年のスタートです。
本年も宜しくお願いいたします。
お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。